人類総アホ化!! 映画「26世紀青年(2006)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

人類総アホ化!! 映画「26世紀青年(2006)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「26世紀青年(2006)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

極秘実験で一時的な冬眠状態にされるも手違いで500年後に覚醒した男。彼は国全体が低IQの国民だらけになっている未来の世界の有様に驚愕しながらもその改善へ奔走する。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 マイク・ジャッジ

 

出演 ルーク・ウィルソン

   マーヤ・ルドルフ

   ダックス・シェパード

   テリー・アラン・クルーズ

 

 

 

 

インテリ層が子供を産まず(産めず)にアホ層だけが考えなしに多産しまくった未来が舞台の映画「26世紀青年」

映画「26世紀青年」の世界で人類の知能指数は低下しまくっていて、コールドスリープから目覚めたのは過去では普通レベルの頭脳だったジョーとリタ。二人は数々のトラブルを乗り越え大統領&夫人になるのだった。

 


植物にゲータレード撒いてたりケツの画像で2時間笑えるレベルのアホ達には、論理的な説得よりもアホみたいな説得のほうが役立つというは笑える(植物には水を撒くのが正解だと説明するために、僕は植物と話せるから分かると説明したり)

 

しかし映画「26世紀青年」の未来の世界のアホさは笑い事じゃない。まず映画「26世紀青年」の冒頭でエリート夫婦がキャリアアップに翻弄されている間に子供を産めなくなり、その間に何も考えなしの層が数世代産みまくっていたって設定が現状を皮肉ったブラックユーモアすぎてぞっとさせられてしまう。


映画「26世紀青年」のラストではもちろん過去に戻れるタイムマシーンなど存在せず、結局未来で大統領と夫人になった二人。

そのシーンでリタが子供を産んでるのはいいんだけど、側近の男(アホ)にはそれより多くの子供がいるんだよね。結局人類総アホ化の流れは止められないって皮肉だろう。

 

   

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・コメディ, 17:39
-, -