子育てって大変…… 映画「イレイザーヘッド (1976)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

子育てって大変…… 映画「イレイザーヘッド (1976)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「イレイザーヘッド」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

フィラデルフィアの工業地帯で働く印刷屋のヘンリーは、ガールフレンドのメアリーから妊娠したことを告げられる。

しかし生まれてきた赤子は恐ろしい姿で、異様な泣き声で二人を苦しめる。やがて生活に耐えられなくなったメアリーは家を飛び出してしまえ……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 デヴィッド・リンチ

出演 ジョン・ナンス

   シャーロット・スチュワート

   アレン・ジョセフ

   ジーン・ベイツ

   ローレル・ニア

   ダーウィン・ジョストン

 

 

 

 

 

 

 

ヘンリーの生まれたての子供が異形だったり、恋人のメアリーの実家の言動が理解不能だったりする様がインパクト抜群な映画「イレイザーヘッド」

この映画「イレイザーヘッド」でのそんなカオスで異様な描写は、覚悟なく親になってしまった男が感じた苦悩をデフォルメした光景なんだろう。


映画「イレイザーヘッド」でメアリーの実家がとんでもなくカオスなのも、知らん家庭にいきなり入っていった疎外感からそんな感じに見えてしまったんだろう。

それに子供が異形の姿をしているのも、いきなり生まれてきた小さな生命体が夜泣きやなんやらしてきたら意思疎通が不可能でコントロールも不可能な異形の物体に見えてしまうかもしれないよね。映画「イレイザーヘッド」のヘンリーは子供が生まれてからそれまでの自分のリズムを崩されて相当追い詰められてるだろうし。ただでさえ先の見えない生活してたのに。

 

つまりこの映画「イレイザーヘッド」ってデキ婚したものの子育て大変すぎて妻が逃げて行って残された夫が乳幼児と全くコミュニケーションとれずにメンタル崩壊……って現実でも割とあるかもしれない話なのかも。子育ての地獄の側面が色濃く伝わってくる映画「イレイザーヘッド」だった。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 12:53
-, -