死亡フラグに打ち勝てるか!? 映画「デイライト(1996)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

死亡フラグに打ち勝てるか!? 映画「デイライト(1996)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「デイライト(1996)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

海底トンネル内で暴走車が有毒科学物質を移送中のトラックに激突。大爆破に包まれたトンネルは一握りの生存者を閉じ込めたまま崩落してしまう。

偶然現場に居合わせた元緊急医療班のキットは果敢にもトンネル内に潜入し救出作戦を展開するが……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ロブ・コーエン

 

出演 シルヴェエスター・スタローン

   エイミー・ブレネマン

   スタン・ショウ

   ヴィゴ・モーテンセン

   クレア・ブルーム

   ダン・ヘダヤ

   セイジ・スタローン

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「デイライト」で爆発によって出入口が崩落してしまい、生存者は脱出不能になってしまったトンネル内部。そこへ送風機の隙間を潜り抜けて命がけでやってきた元救命隊員キット(シルヴェスター・スタローン)


ショートする電線漏れ出すガソリン溢れ出す地下水、早期のトンネル復旧のために生存者なしと判断してがれきの撤去にかかる地上……。そんなスリル満点の映画「デイライト」

 

映画「デイライト」では、数分しか止まってくれない送風機の刃を潜り抜けるスタローンの肉体芸もハラハラ感満載で楽しい。しかしラストで取り残されてしまったキッドとマデリーンが海底から噴き出されるシーンは不覚にも笑ってしまった。普通に考えたらものすごい勢いで流される間に瓦礫に当たったりして死にそうなものを。ちょっと強すぎるよ二人とも〜。


そしてこの映画「デイライト」ではお涙要素も満載。まず息子を失った過去があるロジャーと最初にパニック起こしてた少年の交流が泣ける。

あんなに映画「デイライト」の序盤であんなに怯えてパニックを起こしていた少年が、ラストでは後から救出されるロジャーに手を貸すために救助隊員の間に入っていく描写が良い。この後も二人の交流が続くんだろうと思えるようなさりげない描写ね。

 

そして映画「デイライト」では何といっても警官ジョージの最期に涙。
あれだけ全員で頑張ってジョージを助け出した胸熱展開だったのに、最終的に置いて行かざるをえないのは悲しすぎる。この映画「デイライト」のジョージ、冒頭から彼女にプロポーズするっぽい流れでガッツリ死亡フラグ立ってたけど、トンネル内での活躍と胸熱救助シーンも相まって死亡フラグなんか消し炭にしてくれると思ったんだけどなぁ……。やっぱりプロポーズ死亡フラグから抜け出すのは至難の業なんだね。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アクション, 17:23
-, -