スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

本当の恐怖とは…… 映画「リミット(2010)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「リミット(2010)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

イラクで民間トラックドライバーとして働くポールは何者かに襲われ、棺に入れられ地中に埋められてしまう。

やがて意識を取り戻したポールは、手元に携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒があることを知る。電話で身代金を要求する犯人はタイムリミットを数時間後に指定し……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ロドリゴ・コルテス

 

出演 ライアン・レイノルズ

   ロバート・パターソン

   ホセ・ルイス・ガルシア・ペレス

   スティーヴン・トボロウスキー

   サマンサ・マシス

   エリク・パラディーノ

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「リミット」でイラクで民間の運転手をしている最中、現地の犯人グループに襲われて拉致され、人質にされてしまったポール。

 

意識を失ったまま地中の中の棺に生き埋めにされ、目が覚めるとの棺の中には犯人が用意した色々なアイテムが入っていて……。

そんな設定だけ聞くと“どうにかして棺から脱出するorどうにかして外部から救助される”という二択のオチに思える映画「リミット」

 

しかし実際のこの映画「リミット」は………誰も助けに来ませんでしたー!!という、超絶望エンド。どこにも希望なんて存在しないのだ。

 

素っ気ない緊急オペレーターといい助けてくれない大使館といい嘘の罪でポールを解雇して責任逃れする会社とか、この「」は現実的な恐怖がいっぱいだね。

考えようによっては映画「リミット」では生き埋め自体による恐怖よりも、誰も助けてくれないリアルな絶望感の方が恐ろしく感じてしまう。

 

ラストでも救出か!?と思わせてからの人違いエンド。一度上げてから落とすこの流れ、ホントに希望を打ち砕くのが上手い映画「リミット」だね。

ハッピーエンドだと思った?残念、バットエンドでした〜wって嘲笑われてるこの感じ、結構好き。

 

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・スリラー, 22:45
-, -