スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

巨獣VS人間!? 映画「ランペイジ 巨獣大乱闘(2018)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ランペイジ 巨獣大乱闘(2018)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

ある遺伝子実験の失敗によりゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。

動物たちは破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルだらけのシカゴで大乱闘を繰り広げる。人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ブラドオ・ペイトン

 

出演 ドウェイン・ジョンソン

   ナオミ・ハリス

   マリン・アッカーマン

   ジェイク・レイシー

   ジェフリー・ディーン・モーガン

   ジョー・マンガニエロ

   

 

 

 

 

 

 

 

タイトル通り巨獣が大乱闘する映画「ランペイジ 巨獣大乱闘」だが、個人的にはドウェイン・ジョンソン扮するデイヴィスの無敵っぷりに釘付け。

飛行機から飛び降りようがヘリが墜落しようが銃で撃たれようが余裕のマッスルの持ち主である映画「ランペイジ 巨獣大乱闘」のデイヴィス。終盤では巨獣大乱闘に人間代表としてナチュラルに参加しちゃってるしさぁ。

 

そんなマッスル男の大活躍だけでなく、メインの巨獣大乱闘ももちろん楽しめる映画「ランペイジ 巨獣大乱闘」

空爆まであとわずか!!ってパニック物語にお約束の設定も目につくものの、街中で巨大な生物が暴れまわる様子は理屈抜きでテンション上げてくれるんだよ。映画「ランペイジ 巨獣大乱闘」は、何も考えずに頭空っぽにして楽しめるバカ映画良作だろう。

ラッセル捜査官の飄々としたキャラも良い味出してるし、ジョージのユーモアセンスも素晴らしい。

 

この映画「ランペイジ 巨獣大乱闘」では他の巨大モンスター映画をオマージュしてるっぽいシーンも結構あって、ワニが戦闘機をパックンチョするシーンのアングルはジュラシック・ワールドのモササウルスのシーンっぽいし、ジョージがビルに上る姿はまさにキング・コングのコングそのものw

 

途中でジョージの境遇といたぶられ具合に少し心が痛んだ「」だったけど、ラストはしっかりハッピーエンド。やっぱ思考停止映画って最高。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・パニック, 14:58
-, -