スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

初恋で身分差恋愛ってそりゃあ燃えますわ。 映画「きみに読む物語(2004)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「きみに読む物語(2004)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

療養生活を送る老婦人の元に、足繁く通う老人は彼女に物語を読み聞かせる。 1940年の夏に南部の小さな町で始まる物語。休暇を過ごしに都会からやって来た17歳の令嬢・アリーは、地元の製材所で働く青年ノアと出逢い、恋に落ちる。

しかし娘の将来を案じる両親に交際を阻まれ都会へ連れ戻されてしまったアリー。 ノアは365日毎日手紙を書くが、一通の返信もないまま第2次世界大戦が始まり…。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ニック・カサヴェテス

 

出演 ライアン・ゴズリング

   レイチェル・マクアダムス

   ジーナ・ローランズ

   ジェームズ・ガーナー

   ジョアン・アレン

   ジェームズ・マースデン

   サム・シェパード

   ケヴィン・コナリー

   デヴィッド・ソーントン

 

 

 

 

 

 

 

 

初恋で身分差恋愛ってそりゃあ燃えますわ。映画「きみに読む物語」でのアリーの両親の猛反対なんかも、若い二人を更に燃え上がらせるスパイスみたいなもんだよなwかえって逆効果になってしまうという。

 

そして映画「きみに読む物語」でアリーの母親は娘をノアと別れさせるためにわざわざ初恋の男の元へ連れて行って「薄汚い子供をポンポン生むことになる!!」と説得するものの、あんな未練アリアリの顔じゃあ説得どころかやはり逆効果……w

あの発言だって初恋のオッサンを選ばなかった自分を正当化するために常々思っていた言い訳なんだろうしね。

 

まぁそんな訳で母親に引き裂かれつつも再開した二人は当然の様に再び燃え上がる訳だが、個人的には映画「きみに読む物語」で一番印象に残ったのが、ノアとアリーが再開して一発!!の翌日に家にやってきたマーサへのアリーの態度。

 

映画「きみに読む物語」のアリーは婚約者もいる大人なんだからノアとマーサの関係も分かってるだろうに、あれだけ爽やかにマーサに「家に入って!!」と誘うわけだからね……。まるで自分こそがノアの本命なんだと誇示するように、あくまで爽やかに。

いやぁあのシーンは映画「きみに読む物語」の中で一番ゾッとして印象に残ってますわ。メロドラ特有の言葉に出さない女の戦い。そして一瞬で負けるマーサ。

 

やっぱ女のバトルは恐ろしい。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ドラマ, 17:20
-, -