現実なのか幻なのか…… 映画「ステイ(2005)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

現実なのか幻なのか…… 映画「ステイ(2005)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ステイ(2005)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

精神科医のサムは若い男性患者ヘンリーから「誕生日の夜に自ら命を絶つ」と予告される。サムはヘンリーを思いとどまらせようと奔走するが、その後ヘンリーは失踪してしまう。

一方サムの元患者で恋人のライラは、サムから聞かされたヘンリーの話に興味を示す。しかしサムの周りでは不可解な出来事が起こり始め……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 マーク・フォースター

 

出演 ユアン・マクレガー

   ライアン・ゴズリング

   ナオミ・ワッツ

   ボブ・ホスキンス

   ジャニーン・ガラファロー

   B・D・ウォン

 

 

 

 

現実か幻か

 

精神科医のサムは、ヘンリーと名乗る患者と出会う。
「土曜日の深夜に自殺する」と仄めかすヘンリーを止めようと、姿を消した彼を追う映画「ステイ」のサム。

 

映画「ステイ」でヘンリーの足取りをたどる中で、自分の恋人であるライラに“ヘンリー”と呼ばれたり、ヘンリーの母親が突然頭から血を流し始めたり、留守電に覚えのない自分の声が入っていたり、と不可解な現象に襲われるサム。
さらにヘンリーの母親の同級生曰く「ヘンリーの両親は数週間前に事故で亡くなった」のだと言う。しかしヘンリー本人は「自分が両親を殺した」と言うのだ。

 

そして映画「ステイ」のサムがヘンリーの恋人で姿を消していた女性アシーナを追うと、何度も同じ光景を目にしたり、身の回りで起こる出来事がくり返されていたり、底なしの螺旋階段に飲み込まれそうになったりと、今いる世界が現実なのか幻なのか区別がつかなくない状態に。

 

遂にヘンリーが予告していた土曜日の深夜を迎え、サムはブルックリンの橋の上で彼を発見するも、ヘンリーはそのまま口にくわえた銃を発砲してしまい……。

 


事の真相

 

ヘンリーは両親とアシーナを乗せた車を運転中に事故→その場に居合わせてヘンリーを救助しようとしたのが医師のサムと看護師のライラ→瀕死のヘンリーは二人の会話からアシーナと両親の死を知ってしまう→その後ヘンリーは息絶えた。ってのが映画「ステイ」の真相。

 

映画「ステイ」でそれまでサムを中心として起こっていた現実なのか幻なのか分からない出来事は、ヘンリーが今際の際に見ていた幻想だったのだ。

 

この映画「ステイ」の幻想内では、事故現場でヘンリーの目に最期に飛び込んできた人たち(サムやライラや野次馬をしていた人物たち)と、アシーナや両親などのヘンリーの記憶の中の人々が複雑に入り混じって登場していたって事だね。

 


映画「ステイ」ラストシーン・感想

 

現場を目撃した人物によると事故の原因は前方の車のタイヤのパンクであり、ヘンリーの責任ではなかった。
瀕死のヘンリーを励ますサムとライラだったが、ヘンリーはそのまま息絶えてしまうのだった。

 


この映画「ステイ」の途中までは白昼夢のような雰囲気に多少の眠気を引き起こされたものの、ラストまで見るとそれまで不思議に感じていたシーンの殆どに合点がいった。

 

雹は映画「ステイ」のヘンリーが最期に見た街灯の光の事であり、部屋の壁一面に描かれた“許して”の文字や「自分が両親を殺した」発言は、事故の責任が自分にあると死の間際に悔やんでいたヘンリーの意識が生み出した物だし、幻想内に登場する人々はヘンリーが最期に見た野次馬達。
「土曜日の夜に自殺する」宣言は、あの事故が起きたのが土曜の深夜だったって事だろう。

 

ヘンリーの最期の悲惨さを見ると、単純に謎が解けてスッキリ!!って話でもなく、かなりのやりきれなさと切なさが残る映画「ステイ」
しかも映画「ステイ」のエンディングでは、ヘンリーの幼少期から今に至るまでの思い出が流れる走馬燈的な演出。

 

この映画「ステイ」の走馬燈で楽しそうに父親と遊ぶ姿や笑顔の写真だったりを見るにヘンリーが両親に大切に育てられていた事が伺えるし、ヘンリーはアシーナを両親に紹介して結婚目前の幸せの絶頂にいたって事が伝わってきてさらに切なくさせられてしまう。

 

こうした真相が分かるまでの間に多少退屈させられたものの、最後まで見てしまえば思いがけない感動と物悲しさが余韻に残る映画「ステイ」だったのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・スリラー, 21:07
-, -