御曹司は殺人鬼か否か?未解決のはずが急展開を迎えた事件 映画「幸せの行方...(2010)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

御曹司は殺人鬼か否か?未解決のはずが急展開を迎えた事件 映画「幸せの行方...(2010)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「幸せの行方...」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

ニューヨークで不動産業を営む富豪一家の御曹司デイビッドは、平凡な家庭の女性ケイティと恋に落ちる。

二人は結婚し、ニューヨークを離れて自然食品の店を営み幸せな日々を送っていた。しかし父親はそんな息子を強引にニューヨークへと連れ戻してしまう。父の仕事を手伝うことになったデイビッドは、次第に奇妙な行動が目立ち始め……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 アンドリュー・ジャレッキー

 

出演 ライアン・ゴズリング

   キルスティン・ダンスト

   フランク・ランジェラ

   リリー・レーブ

   フィリップ・ベイカー・ホール

   ダイアン・ヴェノーラ

   クリステン・ウィグ

 

 

 

大金持ちの妻、謎の失踪

 

映画「幸せの行方...」でニューヨークで不動産会社の御曹司のボンボンであるデイビッドは、父親含む周囲から反対されつつも庶民のケイティと結婚し田舎で暮らしていた。

しかし父親はやはり家業を継がせたいようで、その圧力に負けたデイビッドはニューヨークに戻り会社に入ることに。


一方映画「幸せの行方...」彼に付いて行ったケイティは、贅沢な都会暮らしにも満足しお次は子供!!と意気込むも、デイビッドは過去に母親の飛び降り自殺を目撃していたトラウマ持ちであり、そのせいで絶対に自分の子供など持ちたくないと考えていたのだ。

 

そんな訳で映画「幸せの行方...」では、ケイティが妊娠すると二人の関係は一変。デイビッドの言う通りしぶしぶ中絶したケイティだったが、その後はデイビッドはニューヨークの自宅、ケイティは湖畔の別荘で医大への受験勉強と別々の日々を送るようになってしまう。

 

その後映画「幸せの行方...」でケイティが医大に合格すると、二人の関係はさらに歪なものに。
デイビッドはケイティを手放したくないためかDVを振るうようになり、ケイティはそれでも学費やなんやの為に離婚できず……。
起死回生を図るケイティは、デイヴィッドの事務所から帳簿を盗み出し(不正の証拠として?)裁判所に送るも相手にされず。

ケイティはデイビッドに呼び出されて湖の別荘に行った後に失踪してしまう。


映画「幸せの行方...」のケイティは、その朝デイビッドの元から自宅のアパートに戻ったらしき姿を目撃されたのを最後に、姿を消してしまったというのだ。

世間は御曹司の妻が失踪!!と騒ぎ立て、ケイティの失踪との関係を疑われるデイビッドは、テキサスのボロアパートに潜伏してするのだった。
そして18年後、映画「幸せの行方...」の事態は急展開を迎える。

 


検察の見立て

 

デイビッドの友人女性デボラの未公開原稿を呼んだ検事は、その内容がケイティの失踪事件と酷似しているとして大々的に再捜査することに。
しかし映画「幸せの行方...」ではそんな矢先にデボラが何者かに殺されてしまい……。

 

映画「幸せの行方...」での検察の見立てとしては、ケイティが失踪したとされる夜に既にデイビッドに殺されていた→翌朝目撃されたアパートでのケイティはデボラの変装→18年後、金に困ったデボラがデイビッドに金をせびる→邪魔になったデイビッドは、ボロアパートでの隣人マルボーンを使ってデボラを始末→デイビッドは立ち退きを迫られているマルボーンを新居に住ませる約束をしていたが、それは全部嘘→マルボーンに詰め寄られると、デイビッドは彼を撃ち殺した後バラバラにして遺棄、って見立て。

 

しかし映画「幸せの行方...」のデイビッドは裁判で、マルボーンに居座られそうになり逆上した彼と揉みあっているうちに銃が暴発した正当防衛だと主張。
そして依然、ケイティやデボラの件とは全くの無関係だと主張するのだった。

 


映画「幸せの行方...」ラストシーン・感想

 

裁判の結果、陪審員がデイビッドの主張を認めてマルボーンの件では正当防衛で無罪に。死体遺棄でだけ罪を問われ、ケイティとデイビッドの件とは無関係とされた。
その後、デイビッドはフロリダで不動産投資業を始めたのだった。

 


実際の事件を元にした映画「幸せの行方...」
この映画「幸せの行方...」ではケイティやデボラの件については未解決で終わるのだが、実は現実では更なる展開が。

 

実はこの映画「幸せの行方...」が公開された後、作中のデイビッドのモデルであるロバート・ダーストから連絡があり、ロバート本人のインタビューを含めたドキュメンタリー番組が製作される運びとなったのだ。

 

その収録の際、真相を探るべくきわどい質問をガンガンぶつけてくるインタビュアーに苛立ったロバートはたまらずトイレへ。
そして「もちろん全員殺したんだ」と、トイレの個室で独り言。

しかしその独り言は番組スタッフ達に伝わっていた。というのも、ロバートはピンマイクのスイッチを切り忘れるというまさかの凡ミスを犯していたのだ。

こうしてロバート本人の自白ととれる音声を入手した番組は、すぐに警察に通報。ロバートは逮捕され多のだった。

 

……ロバートさすがに脇が甘すぎたねw裁判では金に物言わせて有能弁護士つけて無理やり正当防衛を勝ち取ったっていうのに、まさかのピンマイクで独白バレというオチ。
そんな重要なことを声に出すってだけでも不思議なのに、マイクで録音されてたってコメディみたいな展開には笑ってしまう。

 

事件の真相としては、裁判で何故かもみ消されてしまった証拠なんかも明らかになったみたいで、映画「幸せの行方...」での検察の見立てがほぼ正解なんだろうね。

 

しかしこの映画「幸せの行方...」が製作されなければロバートが番組に出演することもなく事件の真相も分からなかったと考えると、金と権力で何とでもなる裁判に恐ろしさを感じざるを得ないのだった。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・サスペンス, 00:24
-, -