砂漠の女王はロンドンで暴れまわる 映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

砂漠の女王はロンドンで暴れまわる 映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

中東で古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見される。その発掘に居合わせたアメリカ軍関係者のニックは、考古学者のジェニーらと共に調査のために石棺をイギリスに運ぶ飛行機に乗り込む。

しかしフライト中に起きた怪奇現象により、ニックをはじめとする軍関係者を乗せたまま輸送機はロンドン郊外に墜落。石棺の所在もわからなくなってしまう。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 アレックス・カーツマン

 

出演 トム・クルーズ

   アナベル・ウォーリス

   ソフィア・ブテラ

   ジェイク・ジョンソン

   コートニー・B・ヴァンス

   ラッセル・クロウ

   マーワン・ケンザリ

   ハビエル・ローゼリンガム

   

 

 

 

 

粘着ストーカー女王アマネット

 

イラクで偶然古代エジプトの女王アマネットの墓を発見してしまった軍曹ニックは、復活してしまったアマネットに粘着ストーカーされてしまう事に。

アマネット曰くニックは“セテパイ”=選ばれし者、って事らしい。映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」のアマネットはニックの肉体を邪神セトを復活させるための入れ物にしようという魂胆だったのだ。


どうやらロンドンで見つかった十字軍の墓に隠された石“オシリス”をアマネットの持つセトの短剣にはめ込み、その短剣でニックを貫けばセト神復活!!って事らしい。

そんな訳で映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」でニックの肉体が欲しくてたまらないアマネットは、ニックにゾンビの様な追っ手を差し向けるものの、ジキル博士に捕まってしまう。

 

このジキル博士は名前の通り、ジキル博士とハイド氏のあの人。映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」のジキル博士はハイド氏の人格を注射で抑えながら悪の研究をしているのだった。
ニックを助けたかの様に見えたジキル博士だったが、その真意は「ニックにセト神を乗り移らせた後に始末すれば悪を滅ぼせる!!」という考え。

 

一方ジキル博士の研究所を抜け出したニックと考古学者のジェニーは、オシリスを破壊すればニックの呪いが解けるとして十字軍の墓地へ向かうも、同じく脱走してきたアマネットに追われてしまう。

 

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」で生者の生気を吸い取り完全体となって、歩くだけでロンドンの街をズタボロにしてしまうほどのパワーを取り戻したアマネット。
ニックをおびき寄せるためにジェニーを連れ去り、その結果ジェニーは溺れて息絶えてしまうのだった。

 

 

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ラストシーン・感想

 

セトの短剣で自らを貫いたニックは、セト神に乗り移られるもジェニーの亡骸を見てギリギリの正気を取り戻す。
アマネットから生気を吸い取りミイラに戻すと、ジェニーを生き返らせたニック。
ニックはジェニーの前から姿を消して相棒のヴェイルと砂漠の冒険を始め、ジキル博士はアマネットのミイラを封印したのだった。

 


エジプトを舞台にしたエキゾチックな雰囲気の映画かと思いきや、殆どはロンドンで話が進んでいった映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」
善と悪を象徴するジキル博士とハイド氏まで登場しちゃったし、これもう完全にアメコミ映画の世界観だね。

 

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」では冒険感もさほど感じられず、それよりもニックの精神面の葛藤の方に重きが置かれていた印象であり、それがヒーローが誕生する過程に思えてアメコミ映画に見えてしまう要因なのだろうか。
映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」は冒険よりも設定を追う、って面の方がメインに感じられるためエンタメ映画としてもイマイチ楽しめなかった。

 

実際にはヒーローではなくモンスター誕生!!って事らしく、ダークユニバース的には今後も有名どころのホラー物語を映画化してモンスター(怪人)がどんどん増えていく展開にするらしいが、この流れもまんまアメコミ映画と同じw
何作か作ってモンスターを周知させた辺りで、怪物大集合!!って映画を作るんだろうなぁと透けて見えるね。

 

しかしこの映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」を観てその流れに期待できるかと言えば、そうは思えず。
中途半端なホラー要素と中途半端な恋愛要素と中途半端な世界観が入り混じった微妙な印象になってしまった映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」


まぁエジプト感満載にしたところで同じ原作の映画「ハムナプトラ」の二番煎じになりかねないし、映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」は独自の世界観を突き進んでいったと考えれば妥当な線なのかな。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アドベンチャー, 21:46
-, -