サメより恐ろしきは人間の怨念 映画「シャーク・ナイト(2011)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

サメより恐ろしきは人間の怨念 映画「シャーク・ナイト(2011)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「シャーク・ナイト」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

自然に恵まれたクロスビー湖に、女子大生サラと6人の友人の若者たちがバカンスにやって来る。当初は浮かれ騒ぎ休暇を満喫する一行だったが、仲間の一人がサメに襲われたことから事態は一変。

そんな中、地元のダイバー二人組がサラたちの前に現れ……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 デヴィッド・R・エリス

 

出演 サラ・パクストン

   ダスティン・ミリガン

   クリス・カーマック

   キャサリン・マクフィー

   ジョエル・デヴィッド・ムーア

   ドナル・ローグ

   ジョシュア・レナード

   アリッサ・ディアス

   クリス・ジルカ

 

 

 

 

サメの蔓延る湖

 

大学の友人たちと湖に遊びに来たニック。この映画「シャーク・ナイト」の舞台である湖はニックの意中の女性サラの地元であるのだが、道中出会った男二人組とサラは訳アリっぽく……。

どうやらこの二人の内の顔に傷のある男デニスとサラは過去に付き合っていて、サラの進学を機に別れたとかなんとか。

 

映画「シャーク・ナイト」ではボードから落ちたマリクがイタチ鮫に腕を食いちぎられてしまい病院へ向かおうとするも、ボートが故障し小屋に孤立してしまったニック達。
そこでやってきたデニス達はニック達を助けてくれるわけもなく。

実はこの映画「シャーク・ナイト」で湖にサメを放ったのはデニス達だったのだ!!

 

映画「シャーク・ナイト」のサラとデニスの関係としては、別れを決めた後の最後のダイビングでサラが溺れる→助けてくれなかったデニス→地力で助かったサラがボートに乗り込む→そのスクリューがデニスの顔に当たって負傷。傷跡が残る、って事らしい。

 

まぁクズ男デニスとしては、サラが自分の元を離れていく位なら死んでくれても構わないって感じだったんだろうね。
その思惑が外れてイケメンを台無しにする傷跡を付けられたもんだから、復讐の為にサラの仲間たちを鮫の餌食にしたのだ。

 

そんな訳映画「シャーク・ナイト」では、自ら囮になってサメに食われたり、ダルマザメで溢れるネットに落とされて食いちぎられたり、ジャンプしてきたサメに一気に食われたりと、様々な種類の鮫たちに様々な襲われ方をして絶命した友人たち。

小屋で二人になってしまったニックとサラの元へとやって来たのは、サラと懇意にしているっぽい保安官。


やっと救出されるかと思いきや。実はコイツもデニスたちとグルだったのだ!!

しかもこの保安官、サメにカメラを取り付けて人を食う映像を撮り、スナッフフィルムとしてその筋の愛好家に売りさばいて儲けようという、映画「シャーク・ナイト」の悪人三人の中で一番ヤバい思考の持ち主。

 

薬を飲まされ意識を失っている間に拘束され、鮫が蔓延る水中へ投げ出されようとしたニック。しかし隠れて拘束を解いていたニックの反撃によって、保安官が水中に突き落とされてサメの餌に。

一方デニスはサラを檻に入れて湖に沈めようとするのだった。

 


映画「シャーク・ナイト」ラストシーン・感想

 

二人との揉みあいの末、水中でサメに食われたデニス。
ニックは意識を失ったサラを檻の中から助け出すと、心肺蘇生に成功したのだった。

 


サメを使った人間の復讐劇!!ってパターンは目新しくて面白そうだったのだが、映画「シャーク・ナイト」には期待していた程の面白さはなく。
デニス達が仕組んだんだろうとは大分早い段階で分かって後はどんな風にやり返すのかが気になっていただけに、なんだか雑に終わってしまったのが残念だった映画「シャーク・ナイト」

 

映画「シャーク・ナイト」はB級サメ映画としてネタに走っていたわけでもなく、人間関係もすぐに予想できる程度であり、サメとサスペンスのどちらの面で観ても中途半端だった感は否めない。

 

ラストで犬が武器持ってきてくれたのは、ギャグに寄せてきているのだろうか。エンドロール後の謎テンションにも付いて行けずに変な余韻だけが残る映画「シャーク・ナイト」だったのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・サメ映画, 23:47
-, -