犬が発電機回してくれたらなぁ……。 映画「ハリケーンアワー(2013)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

犬が発電機回してくれたらなぁ……。 映画「ハリケーンアワー(2013)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ハリケーンアワー」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

 史上最悪の巨大ハリケーン“カトリーナ”が都市に壊滅的な被害を与える中、ノーランは病院で、妻を出産とともに亡くしてしまう。

生まれた子供は早産で生命維持装置付の保育器にいなければ生きられない。医師や患者たちが避難する中、ノーランは動かせない我が子を守るために、救出を待ちながら一人でその困難に立ち向かう。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 エリック・ハイセラー

 

出演 ポール・ウォーカー

   ジェネシス・ロドリゲス

 

 

 

 

 

 


置き去りにされた父子

 

2005年。ハリケーン“カトリーナ”の接近する中、妻アビゲイルの出産を待っていたノーラン。
映画「ハリケーンアワー」でハリケーンはノーラン達の病院に接近し、暴風でガラスは割れるわ堤防が決壊して一階が浸水するわと非常事態に。

そんな中で娘は生まれたものの、妻は出産時に命を落としてしまった。


しかも映画「ハリケーンアワー」で生まれた娘は未熟児であり、最低でも48時間は人工呼吸器の助けがいる状態。

病院からは続々と患者やスタッフが避難していき、頼みの綱だった医師も患者を運んだ後戻れなくなり、病院内に残されたのはノーランと彼の娘のたった二人だけとなってしまうのだった。

 


新米パパ、孤軍奮闘!!

 

停電してしまった院内でノーランはなんとか手回し発電機を探し出して娘の人工呼吸器を維持できたものの、この映画「ハリケーンアワー」では人工呼吸器のバッテリーが曲者。
映画「ハリケーンアワー」の呼吸器のバッテリーの容量はたった3分しか持たず、しかも充電をくり返すたびにどんどん劣化していき最終的には1分30秒しか持たなくなってしまうポンコツバッテリー。

 

つまり映画「ハリケーンアワー」では、娘の為に点滴を探すにしても新しいバッテリーを探すにしても救助を求めるために屋上に出るにしても、その全ての行動にバッテリーの持続時間という制限時間があるのだ。

 

そんな中でも初めてのオムツ替えや点滴替えに挑戦したり、夫婦の馴れ初めを娘に語り掛けたり、救助犬を逆に助けたりと奮闘する映画「ハリケーンアワー」のノーラン。

しかし外の救急車の無線で助けを求めるもタイミング悪く通じず。屋上に登ってヘリに助けを求めるも他の避難者が我先にと武力行使。


さらに映画「ハリケーンアワー」のノーランは病院内でバッテリーを発見するも浸水していたためにショートしてしまい感電。その上見知らぬ男がやってきて食料を奪われるわ、点滴を持ってきてくれた女性スタッフを殺されるわと散々な目に遭遇しながらも、数分おきに健気に発電機を回し続けるノーラン。

こうして不眠不休で娘の世話をし続けた映画「ハリケーンアワー」のノーランの前にやってきたのは、二人組の救助……かと思いきやまたしてもチンピラ。
このチンピラに娘を発見されてしまったノーランは、やられる前にやる!!とばかりに彼らを殺したのだった。

 


映画「ハリケーンアワー」​ラストシーン・感想

 

発電機のハンドルも壊れてしまい、人工呼吸で娘を助けようとしていたノーランだったが、満身創痍の彼は遂に倒れてしまう。
しかしそこへやってきた救助隊によってノーランと娘は遂に救出される。朦朧とする意識の中、ノーランは娘の産声を聞いたのだった

 


災害によるパニック映画かと思いきや、生まれたての娘を必死に守ろうとする父親の感動物語だった映画「ハリケーンアワー」
ハリケーン“カトリーナ”については現実のニュース映像中でだけ語られ、視覚的にはほとんど災害要素はないのだ。ハリケーンは孤立状態を作り出すダシって事だね。

 

映画「ハリケーンアワー」でそんなハリケーンよりも恐ろしかったのが、非常時の人間たちのエゴイスティックな行動の数々。
食料を奪っていく暴徒に関しては仕方ないと言えば仕方なくもあるが、救助隊に対して看護師を銃で人質にして我先に救助させようとするという発想が出てくるだけで凄い。


この手の状況では暴動や略奪は付き物だし、やっぱ極限状態での人の行動って恐ろしいなぁと改めて感じさせられた映画「ハリケーンアワー」だったのだ。

 

そしてこの映画「ハリケーンアワー」ではバッテリーによる時間制限という状況がいい味出してた(さすがに1分30秒は短すぎるがw)。
この時間制限がある事で単なる孤立状態とは一味違ったシチュエーション・スリラー的な緊張感が醸し出されているし、ノーランの頑張りが一段と伝わってきて映画「ハリケーンアワー」にどんどん引き込まれたのだ。

 

最愛の妻を亡くした絶望の中で、呼吸器なしでは生き延びられない娘を守り切った映画「ハリケーンアワー」のノーラン。良い父親になること間違いなしだね。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ドラマ, 22:34
-, -