核ミサイルがアメリカ本土に発射!!その時イーサンは…… 映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

核ミサイルがアメリカ本土に発射!!その時イーサンは…… 映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「ミッション:インポッシブル」シリーズ第4弾!!

ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられたイーサン・ハント。アメリカ大統領は政府の関与への疑いを避けるべく、ゴースト・プロトコルを発令。

イーサンと仲間は組織から登録を消されるも、新たなミッションを言い渡され……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ブラッド・バード

 

出演 トム・クルーズ

   ポーラ・パットン

   サイモン・ペッグ

   ジェレミー・レナー

   ミカエル・ニクヴィスト

   ウラジミール・マシコフ

   サムリ・エーデルマン

   イワン・シュヴェドフ

   レア・セドゥ

   ジョシュ・ホロウェイ

   ミシェル・モナハン

 

 

 

ゴースト・プロトコルって?

 

この映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のタイトルでもあるゴースト・プロトコル作戦とは、イーサン達のチームがIMFの組織から切り離されるってこと。
クリムゾン爆破をイーサン達のせいにされてしまった米政府としては、イーサン達が勝手にやった事ですよ〜、政府は関与してませんよ〜って言い逃れしようって作戦だね。

 

それでももちろんIMFは“コバルト”=ヘンドリクスが核戦争を起こそうとしているという情報は掴んでいるため、無関係を装いつつもイーサン達に頼るしかないって訳。

まぁ「ミッション:インポッシブル」シリーズではIMF長官がイーサンに、もし捕まったり死んだりしてもIMFは何の責任も持たないって念押しするも、まぁこれは毎度の事。


そんな事よりも映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のゴースト・プロトコル作戦で肝になってくるのは、イーサンのチームが本部のバックアップを受けられないって点。

イーサン達は限られた道具を駆使して、たった四人で核戦争を止めなければいけない。そんな映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」なのだ。

 


今回のチームメンバー

 

この映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」ではそれまでのシリーズと比べて、メンバーの背景描写が強調されている。

ジェーンは仲間でもあり想い合っていたハナウェイをヘンドリクスの雇ったモローに殺されているし、ブラントは以前イーサン夫婦の監視の任務に失敗してジュリアが殺された事を後悔して現場を辞めて分析官に移った人。


もう一人のメンバーであるベンジーは、「ミッション:インポッシブル3」では本部でイーサンをアシストした人物であり、この映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」からが現場初体験。

 

映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」ではドバイの作戦でジュリアがモローを突き落としてしまったり、分析官とは思えないブラントの身のこなしを見たメンバーがその正体を訝しんだりと一時はギスギスするものの、ヘンドリクスを追う内に一致団結。
イーサン個人の活躍だけではなく、そんなメンバーとのチームワークもこの映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の見所だ。

 


ジュリアは殺された!?

 

映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のブラント曰く、イーサンを付け狙っていたセルビア人グループにジュリアは殺されたらしいが、これは表向きの話。

実はイーサンとIMF本部はこのセルビア人に狙われている状況を利用して、ジュリアが殺された→復讐のためにイーサンがセルビア人に報復という筋書きを作ったのだ。

 

その目的としては、ヘンドリクスの仲間がいる刑務所にイーサンを潜り込ませるため&ジュリアを死んだことにして今後の彼女の身の安全を守るため、という一石二鳥の魂胆があったって事。

 

ちなみに映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のラストでジュリアは普通に外出して日常生活を送っているようなので、きっと保護プログラム的な感じで別人の身分を与えられて映画「ミッション:インポッシブル3」とは別の場所で暮らしているのだろう。
ジュリアと一緒にいた人物たちは医療関係者っぽい服装をしていたし、きっと仕事は今まで通り看護師をしてるんだろうね。

 


映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のラストシーン・感想

 

イーサン達の奔走も虚しく、ヘンドリクスの思惑通り遂にアメリカ本土に発射されてしまった核ミサイル。
しかしイーサンは満身創痍になりながらも、ヘンドリクスからミサイルの核弾頭の起爆を無効にするスイッチを奪取。
本土での核爆発が数十秒後に迫る中、ベンジー達が軍事衛星の中継装置を復旧したことで、シグナルを受信したミサイルは核弾頭の起爆を停止。
アメリカ本土での核爆発を免れたのだった。

 


ロシアにドバイにインドにと、イーサン活躍の舞台が移り変わる映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の
ミッション:インポッシブル」シリーズ第一作目の公開から15年経っているだけあり、床をくりぬく機械や対象の視点に反応して映像が投影されるスクリーンやコンタクトレンズ型のカメラ等、イーサン達の使う道具もどんどんハイテクに。

 

しかし映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」ではそんなハイテク道具だらけの中でも、スクリーンを人力で移動させる手法だったり風船にカメラを取り付ける手法なんかの絶妙なアナログ具合がたまらない。
特にイーサンがヤモリみたいに超高層ビルをよじ登った時に使用されたあの吸着手袋なんかは、アナログとハイテクの絶妙な融合加減に少年心をくすぐられる一品だったのだ。

 

そして映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のラストの立体駐車場でのケースを巡るイーサンとヘンドリクスの追いかけっこは、トムとジェリーを彷彿とさせるようなドタバタっぷり。重要な場面なんだけどクスッと笑ってしまうシーンだね。

 

ハッキング役となったのはベンジーだったけど、ラストで今までの相棒ルーサーを登場させるあたりやっぱりファンサービス精神豊富な映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

ジュリアも無事だと明かされた映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」だったが、この状況ではイーサンとジュリアが接触するだけでも相当注意を払うだろうし、到底普通の夫婦関係は望めないだろう。
そんな中でもイーサンと夫婦関係を続けるジュリア……やっぱ本妻ですわ。

 

ミッション:インポッシブル」シリーズ5作目となる続編は→映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

 

 

ミッション:インポッシブル」シリーズ第1作ネタバレ感想など→映画「ミッション:インポッシブル

ミッション:インポッシブル」シリーズ第2作ネタバレ感想など→映画「ミッション:インポッシブル2

ミッション:インポッシブル」シリーズ第3作ネタバレ感想など→映画「ミッション:インポッシブル3

ミッション:インポッシブル」シリーズ第4作ネタバレ感想など→映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル」シリーズ第5作ネタバレ感想など→映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アクション, 22:27
-, -