元マフィア一家は地域に溶け込めるか? 映画「マラヴィータ(2013)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

元マフィア一家は地域に溶け込めるか? 映画「マラヴィータ(2013)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「マラヴィータ(2013)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

フランスのノルマンディー地方の田舎町に引っ越してきたアメリカ人のブレイク一家。主人のフレッド・ブレイクは元マフィアで、FBIの証人保護プログラムを適用されているため、一家は世界中を転々としながら暮らしている。

そんなある日、フレッドに恨みを持つマフィアのドンが彼らの居場所を特定し刺客を送り込むが……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 リュック・ベッソン

 

出演 ロバート・デ・ニーロ

   ミシェル・ファイファー

   ディアナ・アグロン

   ジョン・デレオ

   トミー・リー・ジョーンズ

   ジミー・パルンボ

   

 

 

 

バイオレンス・マフィア一家

 

マフィアであるフレッドがファミリーを裏切って証言したために、この映画「マラヴィータ」で証人保護プログラムによって各地を転々としているブレイク一家。
代々続くマフィアの血筋である映画「マラヴィータ」のフレッド。とにかくキレやすい直情型の性格の持ち主で気に食わなければ暴力で解決!!な男なのだ。

 

しかも映画「マラヴィータ」のフレッドのバイオレンスっぷりはフレッドの子供たちにも遺伝していて、長女のベルはその美貌とは裏腹に父親よりも沸点の低い激情型女。
軽薄にナンパしてきた男や、陰湿にバッグを盗んできた同級生には即鉄拳制裁!!

 

ただ、映画「マラヴィータ」のベルは恋愛面に関してだけは乙女チックな部分があり、一目ぼれした大学生との事後に本気にされていなかったと知り、絶望のあまり身投げしそうになるほどにセンチメンタルな情緒の持ち主なのだ。

 

映画「マラヴィータ」でフレッドの長男であるウォレンは、姉とは逆に観察眼に優れた頭脳派。
独自の情報収集により生徒たちの力関係や嗜好を把握すると、強者たちを自分サイドに引き込み虐めてきた同級生たちに仕返し。

 

その後映画「マラヴィータ」のウォレンは学校内で闇ルートを使いタバコやお薬を捌きまくるも、教師たちに悪事がばれ、家出を企てるのだった。

 

映画「マラヴィータ」ではそんなマフィアの血を充分に受け継いだ二人の子供たちも大概なもんだが、フレッドの妻マギーの沸点の低さも中々エグイ。

マギーは引っ越し早々、偏見満載の陰口を叩かれた腹いせにスーパーを爆破!!しかも映画「マラヴィータ」のマギーはこれが初犯ではなく、行く先々でスーパーを爆破させてきたらしいのだ。
この人も多分、どっかのマフィアの娘なんだろうね。堅気の人間とは思えない。

 

そんなバイオレンスな一家が地域に馴染めるはずもなく……。しかし今度こそ地域に馴染んで平穏な暮らしを手に入れたい映画「マラヴィータ」のフレッドは、バーベキューパーティーでは隣人を鉄板に押し付けたい気持ちをなんとか抑えたり、全く知らない映画の鑑賞会に参加したりと必死の努力を見せるのだ。

 

まぁ映画「マラヴィータ」のフレッドはその裏で、吹っかけてきた配管工や化学薬品企業の社員を半殺しにしたりと、マフィアの地を全く隠せてないんだけどね。

ブレイク一家にはお目付け役のFBI職員スタンとその部下が常に監視をしているものの、ひょんなことからアメリカの刑務所にいるドンに居場所がばれ、マフィアとフレッド達の決戦が始まるのだった。

 


映画「マラヴィータ」ラストシーン・感想

 

フレッドは屋外からロケランで狙われたり、スタンの部下二人も殺されたりと絶体絶命の状況の中で、一家の反撃の鍵を握ったのがベルとウォレンの二人。
マフィアの車から武器を盗んで武装した二人は、大勢の手下たちをハチの巣に。弾切れした二人のピンチを救ったのは、何とか間に合ったスタン。
この騒ぎによってまたしても転居を余儀なくされた一家だったが、フレッドは「これでまた家族の絆が強まった」と語るのだった。

 


絆ってよりも、改めて一家の間で逃れられないマフィアの呪縛が強まった気がする映画「マラヴィータ」

まぁマフィア界隈では逃れられなければ逃れられないほど、その結びつきが強まるって事もありそうだし、呪縛=絆と言えなくもないか。


しかも映画「マラヴィータ」のラストではまたしても転居のためにスタンの車に乗せられ、ウンザリな表情の一家。あの一家の性格上一か所に根付くのは無理そうだし、逃れられない絶望のループになりそうだね。

 

映画「マラヴィータ」ではマギーが神父に告解したら悪魔の使いだ!!と罵られたり、フレッドの実体験に基づいたマフィア解説に大盛り上がりの近所の人だったり、ウォレスの学級新聞が海を渡り巡りに巡ってドンの元へたどり着いたりするコミカルなシーンが楽しめた。

 

ただ映画「マラヴィータ」では、序盤のフレッド一家のハチャメチャっぷりで高まった期待値をラストでは超えられなかった印象。
映画「マラヴィータ」は割と普通に戦闘して終息してまた転居……って尻すぼみなラストだったのだ。なんかもう少し意外性のあるオチが欲しかった。

 

しかし映画「マラヴィータ」のブレイク一家の近所迷惑っぷりは異常。様子を見に来ただけの一般人も撃たれてたし、絶対に関わり合いになりたくないトラブルメーカー一家だね。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・コメディ, 23:02
-, -