スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

正反対の二人に芽生える絆 映画「バレット(2012)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「バレット(2012)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

長年にわたり裏社会を生きてきたジミー。依頼された仕事を相棒ルイスとこなすが、その後キーガンに襲われ、相棒が殺されてしまう。

ジミーは復讐のために刑事のテイラーと手を組むことになるが……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ウォルター・ヒル

 

出演 シルヴェスタ・スタローン

   サン・カン

   サラ・シャヒ

   アドヴェール・アキノエ=アグバエ

   ジェイソン・モモア

   クリスチャン・スレーター

   ジョン・セダ

   ホルト・マッキャラニー

   

 

 

 

正反対コンビ

 

ジミーは依頼人に騙されて相棒ルイスを殺された為、警官テイラーは元悪徳警官グリーリーが殺された事件の背後に潜む黒幕を探る為に映画「バレット」で手を組んだ二人。

 

ギャングのベイビーだったり、怪しい弁護士マーカスだったりと様々な雑魚キャラがジミーに即始末されていく映画「バレット」だが、結局のところ黒幕はモレルとかいう大物不動産王らしいのだ。

映画「バレット」のモレルは街の再開発事業を巡って政治家を含む大物たちにワイロをバラまきまくってたって訳。


テイラーは事件に迫る中でモレルの悪事の証拠データを入手。映画「バレット」のジミーもルイスの仇である殺し屋キーガンを始末できて事件は無事解決かと思われたが。

 

生真面目なテイラーは捜査状況を律義に上司に報告するも、映画「バレット」ではもちろんこの上司もモレルとグルでありジミーに命を救われたテイラー。
モレルはキーガンに指示してジミーの娘のリサを人質にとると、彼をおびき寄せたのだった。

 


キーガンの暴走

 

リサと引き換えに証拠のメモリーをモレルに渡したジミー。
映画「バレット」ではその際にモレルがジミーにテイラーの始末を依頼したため、殺し屋としてのプライドを傷つけられたキーガンが激怒&大暴走。

 

キーガンはモレルを始末するとジミーに斧を使った一対一の決闘へ。
映画「バレット」でここからはジミーとキーガンの肉弾戦な訳だが……決着を付けたのは、空気を読まないテイラーの弾丸。
テイラーはキーガンの頭を打ち抜いたのだった。

 


映画「バレット」ラストシーン・感想

 

テイラーに「この倉庫で起こった事は全て自分とキーガンのせいにしろ」と粋な提案をして去って行ったジミー。
しかしテイラーは全てをキーガンの仕業だと報告し、ジミーは事件との関わりがなかった事に。
後日ジミーと再会したテイラーは、リサとの順調な関係をジミーに報告したのだった。

 


生粋の殺し屋ジミーと生真面目な刑事テイラー。そんな正反対の二人がコンビを組むバディ映画の映画「バレット」
よくあるストーリーだけど、映画「バレット」公開時で60代後半となったスタローンが未だにアクションを頑張る姿は感慨深いね。

 

映画「バレット」は90分映画でサクッと見れるアクション映画。“元軍人で女子供には手を下さない粋な殺し屋”というテンプレ設定。この設定、今までに何度見た事か……w

映画「バレット」はそんなテンプレ設定も相まって、よく言えば王道、悪く言えばありがちな量産型アクション映画だね。
まぁ何も考えずに見れるし、暇つぶししたい時には打ってつけの娯楽映画映画「バレット」だったのだ。

 

しかし映画「バレット」のラストのジミーVSキーガンの場面は一番の盛り上がり所だろうに、ちょっとテイラー空気読まなさすぎじゃない?
キーガンが殺し屋のプライドをかけて一対一を望んで、ジミーもそれに応じて斧での決闘を受けたのにさぁ。
決闘の最中に物陰からヘッドショットとか、無粋すぎるよー。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アクション, 21:41
-, -