偽映画大作戦!! 映画「アルゴ(2012)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

偽映画大作戦!! 映画「アルゴ(2012)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「アルゴ(2012)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

在イランアメリカ大使館人質事件を題材にした映画。

1979年、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し人質を取る事件が発生した。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ベン・アフレック

 

出演 ベン・アフレック

   ブライアン・クランストン

   アラン・アーキン

   ジョン・グッドマン

   ヴィクター・ガーバー

   テイト・ドノヴァン

   クレア・デュヴァル

   

 

 

 

偽映画「アルゴ」大作戦

 

イラン国内の米大使館が占拠される直前に大使館から逃げ出し、カナダ大使私邸に匿われていた米外交官6人。
映画「アルゴ」では彼らを現地ででロケハン中のカナダ人映画スタッフだと偽装してイラン国内から脱出させるという、何とも奇抜で成功率が低そうな作戦を決行することに。

 

もしもバレて彼らがアメリカ人だと発覚すればイランの革命防衛軍による公開処刑待ったなしという、絶対に失敗は許されない状況でこの作戦に人命をかけるのは無謀にも思えるものの……。

 

しかし映画「アルゴ」でこの偽映画作戦が一番成功率が高いと踏んだCIA工作員のトニー。
まずは映画界の大物レスターやメイク担当のジョン・チェンバースも計画に参加し、ハリウッドに偽事務所を立ち上げ、プレリリースをメディアに取り上げさせ信憑性を増しておく下準備。

 

映画「アルゴ」での救出作戦に重要なのはとにかく映画の信用性。そのために偽スタッフのプロフィールだけでなく、役柄の設定の細部に至るまで事細かに設定を作り上げなければならないのだ。

 


脱出作戦決行

 

遂に現地入りしたトニー。映画「アルゴ」で6人は余りにも荒唐無稽に思える作戦に乗り気ではなかったものの、他に方法もなく了承。
映画「アルゴ」では現地のバザールのロケハン中には罵声を浴びせられたり、革命防衛軍がカナダ大使邸の家政婦に接触を図ってきたりするも、なんとか脱出のために空港までたどり着けたトニー達。

 

一方映画「アルゴ」のアメリカ国内ではこの作戦が一時却下されるも、大統領の英断によって再開。
しかし大使館で外交官の写真の復元に成功した革命防衛軍が、トニー達の乗り込んだ離陸間際の航空機を妨害しようとするのだった。

 


映画「アルゴ」ラストシーン・感想

 

トニーと6人の乗った航空機は、革命防衛軍に気付かれながらもギリギリの所で離陸し、無事イランの領空を抜けた。
6人は英雄として報道され、アメリカとカナダの友好関係もより強固に。
トニーは表彰されるも、この件についてのCIAの関与は機密とされていたため、彼の受賞も機密扱いとされたのだった。

 


最後までハラハラさせられっぱなしだった映画「アルゴ」特に空港からの脱出シーンでは

 

旅券が予約されてない!!→ギリギリで大統領の許可が下りたからセーフ
別室に連れていかれた!!→監督役がノリノリで絵コンテを使って説明したからセーフ
事務所に電話かけられた!!→ギリギリで間に合ったからセーフ
顔写真が修復されてしまった!!→既に飛行機に乗っていたからセーフ
滑走路で追いかけられた!!→操縦士が特に気にしなかったからセーフ
上空で捕まるかも!!→ついにイラン領空を抜けたからセーフ

 

と、スリリングで手に汗握る展開のてんこ盛り。映画「アルゴ」はエンタメ映画としての視聴者の掴み方分かってる感が半端ないね。
しかし実は現実にはここまでドラマチックな展開はなく、緊張感はあるものの割と淡々と脱出したらしい。

 

つまり映画「アルゴ」の盛り上がりどころの殆どが脚色されたシーンであり、この脚色については現実世界での場外乱闘も起きているらしいのだが……その辺りは気にしないでおこう。

ちなみに映画「アルゴ」で偽映画作戦一本筋でトニーが現地に向かったってのも脚色らしいのだが……その辺りも気にしないでおこう。

 

映画「アルゴ」は“実話を基にした”映画だからね。あくまでも“基にした”だけであり“忠実に再現した”って訳ではないのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・スリラー, 22:32
-, -