誰が味方?誰が敵? 映画「ヘイトフル・エイト(2015)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

誰が味方?誰が敵? 映画「ヘイトフル・エイト(2015)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ヘイトフル・エイト」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキスは、同じ稼業であるジョンと彼が捕らえたデイジーを乗せた駅馬車に同乗する。

途中で保安官を名乗るクリスを拾った馬車は、猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。メキシコ人の店番ボブや怪しげな絞首刑執行人オズワルドなどの存在にジョンが強い警戒心を抱く中で、事件は起こった。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 クエンティン・タランティーノ

 

出演 サミュエル・L・ジャクソン

   カート・ラッセル

   ジェニファー・ジェイソン・リー

   ウォルトン・ゴギンズ

   デミアン・ビチル

   ティム・ロス

   マイケル・マドセン

   ブルース・ダーン

   ジェームズ・パークス

   デイナ・グーリエ

 

 

 

嫌われ者8人衆

 

この映画「ヘイトフル・エイト」で猛吹雪のため、奇しくもミニーの店に居合わせる事となった癖のある8人。

 

まず映画「ヘイトフル・エイト」で馬車に乗り合わせた四人は

 

  • マーキス…南北戦争中に南軍の収容所から逃げるために北軍の捕虜もろとも燃やしてしまった黒人。現在は賞金稼ぎ。白人相手に箔をつけるため偽物のリンカーンからの手紙を常に所持。
  • ジョン…賞金首デイジーを搬送中の賞金稼ぎ。賞金首は生かしたまま捕まえて、絞首刑をその目で見届ける主義。マーキスのリンカーンからの手紙を信じていて、その件があるからこそマーキスを馬車に同乗させた。デイジーの仲間が彼女を奪え返しにくるかと内心戦々恐々。
  • デイジー女賞金首。ジョンにぶん殴られまくられながらも、余裕の態度。
  • クリス…黒人差別主義の元南軍兵士で、なにかとマーキスに突っかかる。父親が有名な盗賊団で同じく元南軍のサンディ将軍に尻尾を振りまくる犬の様。本当に保安官かは謎。


そして映画「ヘイトフル・エイト」でミニーの店にいた四人は

 

  • ボブミニーの店の留守を任されたという男。メキシコ人。
  • オズワルド…ミニーの店にいた絞首刑執行人を名乗る男。
  • ジョー…カウボーイ風の男
  • サンディ…元南軍の有名将軍。もちろん人種差別主義者。行方不明のまま死亡扱いされている息子チェスターの最期を気にかけている。

 

と、映画「ヘイトフル・エイト」では人種や主義もバラバラで暴力的な人間たちが集まったもんだからミニーの店の中は疑心と謀略渦巻く無法地帯に。

 


刻一刻と変化する関係性

 

そんな映画「ヘイトフル・エイト」で見物だったのが、コロコロと変化する8人の関係性。


まず雪道の中でマーキスを乗せたジョンは、彼の事を信用していない。しかしその後もっと怪しいクリスが現れるとジョンはマーキスと手を組むことに。

そしてミニーの店でもっと怪しい本性不明の四人と出会うと、ジョンはギリ信用できる相手がマーキスだけしかいなくなり二人で場の支配権を握ることに。

 

映画「ヘイトフル・エイト」で、ジョンがマーキスを他の人間よりもギリ信用している根拠として大きかったのが、マーキスが持っていたリンカーンからの手紙。
しかしそれが偽物であることが分かると、多少なりともあったマーキスに対する信用は崩れ去ってしまうのだ。

 

そんな中で映画「ヘイトフル・エイト」のマーキスが始めたのが、サンディ将軍煽り。真偽は不明なものの、マーキスは昔自分の首を狩りに来たチェスターを返り討ちし、極寒の中全裸にして行進させシャブらせた挙句見殺しにしたと言い放つ。

 

マーキスのこの話の真偽は定かではないものの将軍を激昂させるには十分な筋書きだったため、マーキスに向かって銃を撃とうとした将軍。
待ってましたとばかりに早撃ちして将軍を始末した映画「ヘイトフル・エイト」のマーキス。彼は初めからこの展開を計画して、正当防衛と称して将軍を始末することが目的だったのだ。

 

その後映画「ヘイトフル・エイト」ではジョンがコーヒーに入った毒で絶命し、マーキスが床下に潜んでいたジョディに股間を撃たれ、ボブらの三人がデイジーを取り戻しに来た仲間だったと発覚すると、あれ程人種差別主義者でサンディ将軍に懐いていたクリスがマーキス側に寄っていくのだ。

 


映画「ヘイトフル・エイト」ラストシーン・感想

 

クリスはデイジーに取引を持ち掛けられたものの、マーキスと共に最期の力を振り絞って彼女を絞首したのだった。

 


この映画「ヘイトフル・エイト」が面白いのは、ミステリー要素そのものよりも結末がどうなるか全く予想出来ない点。
型破りな人物だらけだから話がどう転んだっておかしくないし、デイジーに取引を持ち掛けられたクリスがどんな決断をするかは、それまでのどのシーンよりも注目させられた。

 

そして最終的に毒入りコーヒーを飲むのを止めなかったデイジーよりも、あれだけ突っかかっていたマーキスを選んだ映画「ヘイトフル・エイト」のクリス。
結局のところ極限状態では人種差別主義云々よりも、自分に害を加えるかどうかが判断の基準になったようだ。

 

そんな予期できない話を追うだけでも充分に楽しめた映画「ヘイトフル・エイト」だったが、その登場人物や展開を南北戦争時代から現在に至るまでの米歴史と重ねて見るとより一層面白い。

 

そういった面から見ると、映画「ヘイトフル・エイト」ではマーキスにはアメリカという国における黒人達の変遷が投影されていて、クリスには白人達の変遷が投影されているようにも思える。
そしてキーとなるのが、サンディたち=外部からの敵の存在。

 

奴隷制度や差別主義の中で生き残るために“偽リンカーンの手紙”のような知恵を絞り、黒人をいたぶってきたきたサンディ将軍の様な人物に復讐を果たした黒人層。
一方散々人種差別をしていた白人層だが、自分たちを脅かそうとする外部からの敵が現れると黒人層とも手を組んで(利用していたとも言えるが……)アメリカという国を守るために結託。
この面での外部からの敵とは冷戦時代の社会主義国家でもあり、比較的最近で言えばテロリストでもあり。

 

こうして外部からの敵によって結託したように思われた白人層と黒人層だが、根底では未だに差別意識も渦巻いていてこれからどうなるかも分からない……。という、米歴史が迷走する負のループを象徴している様にも見えた映画「ヘイトフル・エイト」だったのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ミステリー, 21:38
-, -