映画「デッドライジング ウォッチタワー(2015)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「デッドライジング ウォッチタワー(2015)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「デッドライジング ウォッチタワー」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

ジャーナリストのチェイスと同僚の女性ジョーダンは、オレゴン州で起きたゾンビのアウトブレイク現象を、政府機関の“FEZA”によって囲まれたエリア内で取材しようとする。

そこでは旧来の抗ゾンビ薬の投薬治療が試されていたものの失敗、ウィルスはどんどん広がるばかりだった。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ザック・リポフスキー

 

出演 ジェエシー・メトカーフ

   ミーガン・オリー

   ヴァージニア・マドセン

   デニス・ヘイスバート

   ロブ・リグル

   キーガン・コナー・トレイシー

   アレクス・ポーノヴィッチ

   ゲイリー・ジョーンズ

   キャリー・ゲンゼル

   ハーレイ・モレンスタイン

 

 

 

 

抗ゾンビウイルス薬“ゾンブレックス”

 

この映画「デッドライジング ウォッチタワー」に登場するゾンビは頭が弱点だったりと、割とオーソドックスなタイプ。


しかし映画「デッドライジング ウォッチタワー」が他のゾンビ映画と少し違うのは今までに何度かゾンビウイルスのアウトブレイクが起きていて、その際に感染者を救う薬“ゾンブレックス”が開発されたことで、ゾンブレックスを定期的に注射すれば感染者の症状は抑えられるという点。

 

ではなぜそんな中でまたしてもゾンビウイルスが蔓延したかと言えば、どうやらこの映画「デッドライジング ウォッチタワー」ではゾンブレックスへの抗体菌が出来てしまったからとかなんとか。

映画「デッドライジング ウォッチタワー」のセンセーショナル報道大好きなジャーナリストのチェイスはウイルスの蔓延した隔離区内に向かうも、逃げ遅れて閉じ込められてしまう。


隔離区内の女性であり感染者のクリスタルや娘を失った母親マギーと共に、手元にある資材を武器にしてゾンビや人間の暴徒ローガン達と戦うチェイスだったが……。

 


事の真相

 

映画「デッドライジング ウォッチタワー」でクリスタルと行動している内に、耐性菌が発生したのではなく一般に出回っているゾンブレックスが不良品だと気付いたチェイス。
マギーは娘に噛まれゾンビ化し、軍による空爆も迫る中、クリスタルの人体実験的映像をマスコミに流し救出を促すチェイス。

 

しかし実はこの映画「デッドライジング ウォッチタワー」の黒幕はゾンブレックスの製薬会社ではなく、感染者に薬の入ったマイクロチップを埋め込んで管理社会化を進めたい軍や政府だったのだ。

 

映画「デッドライジング ウォッチタワー」の政府は平時にマイクロチップ埋め込み案を出しても人権云々で中々進まないから、世論を早急に納得させるためにこの騒動を引き起こしたってわけだね。
そしてそんな真実に気付いてしまったチェイスの同僚のジャーナリストであるジョーダンは、軍に襲われる寸前に全てを収めたスマホを残したのだった。

 


映画「デッドライジング ウォッチタワー」ラストシーン・感想

 

隔離区内から抜け出すために門にたどり着いたチェイスとクリスタルだったが、そこにはゾンビを引き連れて爆弾で門を破壊しようとするローガンの姿が。
二人はなんとかローガンを始末し軍に保護されるも、クリスタルは知らずにマイクロチップを埋め込まれてしまう。
その後チェイスはジョーダンの残したスマホを発見。特ダネを入手したと語るのだった。

 


ゾンビとの戦いよりもストーリー重視だった映画「デッドライジング ウォッチタワー」
個人的にはせっかく武器を作ったんだからもっとハチャメチャにゾンビをなぎ倒していく場面が見たかったかな。

この映画「デッドライジング ウォッチタワー」の原作であるゲームを未プレイな自分からすると、見所であるらしい武器製作もなんだか今一つピンとこなかった。

 

この映画「デッドライジング ウォッチタワー」は政府の思惑なんていうシリアスな話の割にコミカルなシーンなんかも中途半端に入っていて、お笑いゾンビ映画にしたいのかシリアス路線で行きたいのかがイマイチはっきりしなかったのが残念。
どうせならネタに振り切って欲しかった。

 

しかし映画「デッドライジング ウォッチタワー」で実質的ラスボスだったローガンの「ここでは俺がキングだ!!空爆なんてされてたまるか!!」というお山の大将的なアホさは結構好き。
こんなアホになら絶対に負けることないんだろうなぁと安心してみていられる敵役だったし、爆弾斧を投げ返されて爆散してしまうおバカな最期も好みだった。

 

そして映画「デッドライジング ウォッチタワー」では、いかにも続編が作られそうな終わり方。
チェイスがチップを埋め込まれたクリスタルと一緒に追ってから逃げて政府の陰謀を暴露する、って展開の続編が作られそうな感じ。
ただ続編が作られたからといって見るかと聞かれれば……、まぁ見ないかなw
中途半端な陰謀ゾンビ映画はこの映画「デッドライジング ウォッチタワー」だけでお腹いっぱい。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・パニック, 23:35
-, -