スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

寝取りシチュエーション好きにはオススメ 映画「背徳の囁き(1990)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「背徳の囁き(1990)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

ロス市警のデニス刑事は持ち前の狡猾さで職権を乱用し、悪事の限りを尽くしていた。

内務調査班(IAD)のレイモンドはデニスによる警察内部の不正を探るためやってきたが、やがてデニスに翻弄されることになる。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 マイク・フィギス

 

出演 リチャード・ギア

   アンディ・ガルシア

   ナンシー・トラヴィス

   ローリー・メトカーフ

   ウィリアム・ボールドウィン

   リチャード・ブラッドフォード

   マイケル・ビーチ

   フェイ・グラント

   アナベラ・シオラ

   イライジャ・ウッド

   ザンダー・バークレー

 

 

 

 

 

悪徳警官

 

映画「背徳の囁き」で、証拠ねつ造や不正もみ消しなどの悪徳行為は日常茶飯事の警官デニス。
さらに映画「背徳の囁き」のデニスは部下ヴァンの妻ペニーと陰で不倫しながら、彼に「家庭は大切にしろよ〜」なーんてアドバイスをする鬼畜さの持ち主なのだ。

 

それだけならまだしも映画「背徳の囁き」のデニスは報酬と引き換えに殺人依頼の仲介をしたり、内務調査官のレイモンドに今までの悪事を白状しようとしたヴァンまで始末したりと、悪徳警官のレベルを超えて最早ただの悪人状態に。

 


内部調査班

 

映画「背徳の囁き」でデニスの悪事の証拠を暴き出し逮捕しようとする内部調査班のレイモンドだったが、それが原因でデニスの次のターゲットとなってしまう。

 

とりあえずターゲットの妻を寝取ることから始めるデニスは、レイモンドの尾行を知りながらあえて彼の妻キャスリンと接触。
その後姿を消すと、キャスリンを寝取ったとレイモンドに思わせて彼を煽りまくるのだった。

 

映画「背徳の囁き」で悲しいのが、そんなデニスの見え透いた手口に簡単に引っかかってしまうレイモンドの単細胞さ……。
あそこまでキャスリンを侮辱して必死に煽ってくるデニスを見たら逆に冷静になれそうなもんなのに、映画「背徳の囁き」のレイモンドはデニスの手の平で踊らされてしまうのだった。

 


映画「背徳の囁き」ラストシーン・感想

 

悪事の証拠となる人物を次々と始末したデニスは、追ってきたヴァンの上司の女性まで撃ってキャスリンの元へ。
全ての悪事をレイモンドに擦り付けようとするも、追ってきた彼に射殺されたのだった。

 


悪徳警官と正義漢警官は表裏一体、的な骨のある物語かと思いきや。ただただ己の欲望に忠実な性欲お化け悪徳警官のお話だった映画「背徳の囁き」

 

ペニーとヤりながらヴァンと電話で話すとかいう、寝取り企画物AVのようなデニスの所業に笑ってしまった映画「背徳の囁き」
まともなサスペンス映画だと思って見てしまうと興ざめレベルだが、映画「背徳の囁き」は多額の予算をかけて作られた企画物AVだと思って見ればその滑稽さは中々の見物。

 

映画「背徳の囁き」ではデニスが下半身猿過ぎるとか妻たちが発情猿過ぎるとかデニスの計画の詰めが甘すぎるとか、苦笑する点は多々あるものの、何が一番笑えるかと言えばレイモンドの煽り耐性の低さ。

登場シーンでは口数も少なくクールな正確に思えたものの、愉快なほどにデニスの挑発に乗ってくる煽り耐性の低さには開いた口が塞がらなかった。


キャスリンとの件も警官お約束の多忙で妻とすれ違うって背景があるとしても、まともに話せばすぐ分かりそうなもんだろうに。
しかもそんな夫婦のすれ違い解決方法が、喧嘩腰で一発ヤるという理性放棄の解決策なのがまた何とも言えない。

 

そんな愉快な性欲お化け達に笑わせてもらった映画「背徳の囁き」だけど、レイモンドがデニスを始末したラストだけは少し残念だった。
女上司の証言もあるんだししっかり生け捕りにして責任を取らせるという理性的な解決策を、最後くらいは見せてもらいたかった映画「背徳の囁き」だったのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・サスペンス, 22:26
-, -