一粒で二度美味しい 映画「10 クローバーフィールド・レーン(2016)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

一粒で二度美味しい 映画「10 クローバーフィールド・レーン(2016)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「10 クローバーフィールド・レーン」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「クローバーフィールド」シリーズ第二弾。

ミシェルが事故後に目覚めると、自分が見ず知らずの二人の男性とシェルター内にいることに気付く。

その日を境に、彼女を助けたと主張するハワードとエメットとの奇妙な共同生活がスタートする。ミシェルは外は危険だという彼らの言葉を信じるべきかどうか悩んでいた。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ダン・トラクテンバーグ

製作 J・J・エイブラムス

 

出演 ジョン・グッドマン

   メアリー・エリザベス・ウィンステッド

   ジョン・ギャラガー・Jr

   スザンヌ・クライヤー

   ブラッドリー・クーパー

 

 

 

 

敵か味方か、嘘か本当か

 

自動車事故後、目を覚ますとコンクリート作りの一室に足を鎖でつながれていた映画「10 クローバーフィールド・レーン」のミシェル。
ミシェルを助けたという男ハワード曰く「外は何者かに攻撃されて空気が汚染されている」とかなんとか。

 

乱暴するわけでもなく怪我の処置もしてくれて飯も与えてくれるハワードだが、その言動の端々からは支配的な空気が醸し出されていて……。
しかし逆に外から助けを求めてきた男エメットは、ハワードの言い分を信じて逃げ込んできたらしいのだ。

 

映画「10 クローバーフィールド・レーン」でハワードを信用できずに彼を出し抜き脱出しようとしたミシェルだったが、ドアの外からは「ガスを吸った」と語るボロボロになった女が必死の形相で助けを求めてきた挙句絶命。
そんな姿を目撃したミシェルは“外が汚染されている説”を信じざるを得ず、お互いに過去の懺悔を果たした三人は良好な関係に。

 

しかし映画「10 クローバーフィールド・レーン」でミシェルが機械室で見つけたイヤリングは、ハワードは過去に女性を監禁していた異常者であるという証拠。


ミシェルとエメットは二人で密かに防護服を作る計画を企てるも、なにかに勘付いたハワードは「ミシェルを支配するためにハワードの銃を奪おうとした」と、とっさにミシェルを庇ったエメットを撃って始末してしまうのだった。

 


外の世界

 

エメットを始末した後「俺と気味で家族になろう……」と本性を現したハワード相手に、一人でなんとか防護服を作り上げて脱出した映画「10 クローバーフィールド・レーン」のミシェル。

 

外の空気は汚染されていなかったものの、シェルターの爆発を見てやってきたのは巨大な飛行物体とエイリアンのような異形の生命体。

映画「10 クローバーフィールド・レーン」のミシェルは毒ガス攻撃を防護マスクでなんとか防ぐと、飛行物体の口の中にお手製火炎瓶を投げ込んで退治に成功。
そのまま車でハワードの農場から逃げ出したのだった。

 


映画「10 クローバーフィールド・レーン」​ラストシーン・感想

 

車中では、軍が奪還した安全地帯はバトンルージュ、戦闘経験者はヒューストンに来て協力してほしいとのラジオ放送が。
バトンルージュへ向かっていたミシェルは進路を変え、ヒューストンへと向かうのだった。

 


個人的に前作映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」の様なPOV方式の映画がイマイチはまらず、続編であるこの映画「10 クローバーフィールド・レーン」を観るのを敬遠していたのだが、終わってみれば前作とは比べ物にならないほど満足できた。

 

映画「10 クローバーフィールド・レーン」ではハワードの言い分が本当なのか疑心暗鬼になり、ガスにやられた女の存在で一度は信じるも今度はハワードの異常性に気付いてしまい……という、心理的にハラハラさせられるシェルターでの生活。
そして映画「10 クローバーフィールド・レーン」でシェルターからの脱出後は、未知なるエイリアンとの直接的な戦いによる緊張感。

 

映画「10 クローバーフィールド・レーン」ではそんなハワードの様な人間の異常者の恐ろしさと正体不明のエイリアンの様な敵の恐ろしさとを、一粒で二度味わえるのが素晴らしかった。

 

ペットボトルで作った防毒マスクとかアヒルちゃんカーテンの防護服、なんていうちょっと滑稽で笑えるアイデアにも見ていてクスリとさせられる。

 

そしてラストでは安全地帯への非難よりも、前線での戦闘の覚悟を決めたミシェル。
これは映画「10 クローバーフィールド・レーン」のミシェルが「自分が虐待された経験があるのに、似たような境遇の少女を助けられなかった」という経験を悔いていたという過去があったからだろう。

 

映画「10 クローバーフィールド・レーン」では悔いを抱いたまま命を奪われたエメットの件も、ミシェルが戦闘する決意を固めた大きな要因になったんだろう。
そう考えると映画「10 クローバーフィールド・レーン」では、最悪の経験を通じて成長していったミシェルの成長も見所であり、ラストでラジオ放送を聞いて進路を変えたミシェルの覚悟を決めた表情に胸を熱くさせられたのだった。

 

映画「10 クローバーフィールド・レーン」の冒頭で元カレから逃げ出すのに頭がいっぱいで、ラジオ放送でとんでもなくヤバい事を放送してるのをスルーしていたミシェルとは同一人物とは思えない位の成長っぷりだからね。

 

そしてこの映画「10 クローバーフィールド・レーン」と映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」はガッツリとした繋がりはなく“正体不明のエイリアン的な何かが襲ってきた世界線”が共有されている程度であるため、単体として観ても楽しめそう。

 

ただ、前作を知らずに映画「10 クローバーフィールド・レーン」を観てしまうと、エイリアンの唐突な登場に興ざめする人もいそうだから“正体不明のエイリアン的な何かが襲ってきた世界”という前提を知って観た方が断然楽しめそうだね。

 

かなり楽しめた映画「10 クローバーフィールド・レーン」だったから、ミシェルの続投で続編作って欲しかったなぁ。

続編は→映画「クローバーフィールド・パラドックス」

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・パニック, 17:16
-, -