映画「ジョーズ4 復讐篇(1987)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「ジョーズ4 復讐篇(1987)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ジョーズ4 復讐篇」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「JAWS/ジョーズ」第四弾!!

夫マーティンを亡くし鮫への復讐に燃えるエレンは、やはり復讐に燃える人食いざめと一大攻防戦を繰り広げる。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ジョセフ・サージェント

 

出演 ロレイン・ゲイリー

   ランス・ゲスト

   マリオ・ヴァン・ピープルズ

   カレン・ヤング

   マイケル・ケイン

   ジュディス・バーシ

   ミッチェル・アンダーソン

   リン・ホイットフィールド

 

 

 

 

ブロディ家の人々

 

JAWS/ジョーズ」から始まったブロディ家と人食い鮫達の因縁の関係だったが、この映画「ジョーズ4 復讐篇」ではマーティンはサメへの恐怖から心臓麻痺を起こして逝ってしまったと明かされる。

 

さらに映画「JAWS2/ジョーズ2」で何とか助かった次男であるショーンは、成長してアミティの警察署で働いていたものの、流木の通報を受けて赴いた現場で人食い鮫に襲われ逝ってしまったのだ。

 

そんなわけで映画「ジョーズ4 復讐篇」で夫と息子の二人を失い憔悴したエレンは、長男のマイク夫婦と共にバハマで暮らすことに。


バハマにはホオジロザメはいないらしく、エレンを口説いてくるパイロット・ホーギーの存在もあり、エレンはここで安心安全な新生活を送るはずだったのだが……。

 


執念の人食い鮫

 

しかし映画「ジョーズ4 復讐篇」の人食い鮫は、まるでブロディ家を追うかの如くバハマに出現。
エレン曰く「サメは復讐のために私たちを狙っている!!」らしいが、これは被害妄想とされて相手にされず。

 

それでもマキガイ研究中のマイクは潜水中に腕を噛まれ、マイクの娘シーアも海辺でのイベント中に人食い鮫に襲われかけてしまう。
なんと映画「ジョーズ4 復讐篇」の人食い鮫はエレンの言い分通り、ブロディ家の人々を狙っているようなのだ。

 

そんな状況に憤慨し、半ばヤケクソ気味に何の計画もなしに一人で鮫のいる沖へ向かったエレン。
マイクと同僚のジェイク、そしてホーギーは飛行機からエレンの船に乗り移りサメと対峙するも、機械をサメに食わせる作戦でジェイクもろとも海に引きずり込まれてしまうのだった。

 


映画「ジョーズ4 復讐篇」ラストシーン・感想

 

機械のスイッチを入れ、鮫をもがき苦しませたマイク。そこへエレンの操縦によって突進し、折れたマストの突き刺さった鮫は絶命。ジェイクも何とか生存していた。
後日エレンはホーギーと共に飛行機に乗り込み、新しい人生を送り始めるのだった。

 


この映画「ジョーズ4 復讐篇」のラストでは謎の機械を口に入れられ、謎のスイッチを押されてもがき苦しむ人食い鮫さん……。
そして「JAWS/ジョーズ」でのマーティンの回想と共にマストで突き刺されるサメな訳だがこのサメさんのボディが、腐ってたんじゃねーか?ってほどに脆い。

 

船も大したスピード出てなかったっぽいのに、貫かれただけで砕け散ってしまった脆弱ボディ。しかもなんか爆破してね?
それとも回想とスローモーションのせいでスピードが出てないように見えただけで、実は猛スピードだったとか?

 

なんにしても映画「ジョーズ4 復讐篇」ではあんなノロノロとした船のマストに当たったくらいで、爆破したかの如く砕け散ってしまうサメさんのアホみたいなやられ方が悲惨すぎるし意味が分からない。

 

なんであんなにボロボロになったのかを理解しようと、映画「ジョーズ4 復讐篇」のあのシーンを4,5回はくり返してみたものの、やはり見れば見るほど訳が分からない。
あの衝突であの砕け散り方は絶対に物理法則を超えている。それかサメのボディが腐ってるとしか思えない。

 

それはともかく、映画「JAWS/ジョーズ」シリーズはこの映画「ジョーズ4 復讐篇」でやっと終了。ブロディ家と人食い鮫の因縁の関係も終了。

 

映画JAWS/ジョーズ」が名作なのは当然の事として、映画JAWS2/ジョーズ2」はまぁ許容できる範囲であり、映画ジョーズ3」はひたすらに苦行、そして映画「ジョーズ4 復讐篇」で訳の分からないラスト。と、どんどんスケールダウンしていった「JAWS/ジョーズ」シリーズ。

 

人食い鮫の恐怖を描いた正統派の「JAWS/ジョーズ」から、何がどうしたら“復讐に燃える鮫”という謎ジャンルの映画「ジョーズ4 復讐篇」のに繋がるのかは分からないものの、とにかく「JAWS/ジョーズ」シリーズはもう終わったんだ。


毒を食らわば皿まで精神で何とか最終作まで見たものの、本当にこれで終わってくれて良かった。続編地獄はもうこりごりだ。

正直映画「ジョーズ3」と映画「ジョーズ4 復讐篇」なんて「JAWS/ジョーズ」のネームバリューがなければ公開すらされないレベルの映画だったのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・サメ映画, 22:42
-, -