映画「JAWS2/ジョーズ2(1978)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「JAWS2/ジョーズ2(1978)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「JAWS2/ジョーズ2」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「JAWS/ジョーズ」シリーズ第二弾!!

再び田舎町アミティを襲う人喰い鮫の恐怖。沈没したオルカ号の探索中に行方不明となったダイバーたちが残したカメラには、サメらしき姿が映っていた。

しかしアミティのリゾート地としての利益を損ねたくない町の有力者たちは、サメの存在を認めず……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ヤノット・シュワルツ

 

出演 ロイ・シャイダー

   ロレイン・ゲイリー

   マーレイ・ハミルトン

   ジョセフ・マスコロ

   ジェフリー・クレーマー

   マーク・グルーナー

 

 

 

 

人食い鮫、再び現る

 

前作映画「JAWS/ジョーズ」と同じく、この映画「JAWS2/ジョーズ2」でも海辺の田舎町アミティに現れた大型人食い鮫。
まずはウェイクボード中の女性を襲い、お次はボートを襲撃にかかる人食いザメ。

 

しかしこの映画「JAWS2/ジョーズ2」では、ボートを操縦していたオバさんが意外と強い!!
オバさんは突如ボートを突き破ってきた巨大鮫に驚きながらも、ぶちまけた燃料に着火してサメを焼く機転を見せたのだ。

これによって映画「JAWS2/ジョーズ2」の人食い鮫の顔面を焼くことには成功したものの、オバさんは自らも火を被ってしまい絶命してしまう。


……つーか突然襲ってきたサメを焼こうと思いつくとか、このオバさんとんでもない手練れだわ。

 


マーティンの受難

 

一方前作映画「JAWS/ジョーズ」以来、サメへの恐怖と警戒心が拭い去れないマーティン・ブロディ所長。
そんなマーティンは、海水浴場でアジの魚群の影をサメだと勘違いし、先走って発砲しまくってしまった事で警察署をクビに。

 

更に映画「JAWS2/ジョーズ2」ではマーティンの長男マイクと次男ショーンが、友人と共に人食い鮫がいるであろう海域にボートで遊びに行ってしまったのだ。

 

マーティンは警察のボートで彼らを救助に向かうも、その間に人食い鮫は若者たちを一人、また一人とムシャムシャ。
ついでに救助に訪れたヘリの操縦士もムシャムシャしてしまった映画「JAWS2/ジョーズ2」の人食い鮫は、ボートの残骸に取り残されたショーン達に襲い掛かってしまう。

 

助けに来たマーティンの船まで電源中継島に衝突してしまい、絶体絶命に思えた一行だったが、マーティンは映画「JAWS/ジョーズ」のサメがとにかく何にでも噛みつく事を思い出し……。

 


映画「JAWS2/ジョーズ2」ラストシーン・感想

 

音を立てて自ら囮になると、サメに海底送電ケーブルを噛みつかせたマーティン。
ケーブルが漏電し、感電した人食い鮫は炎上しながら海に沈んでいった。マーティンはショーンや若者達を助け出したのだった。

 


大ヒットした前作映画「JAWS/ジョーズ」の続編として、これまた大ヒットしたこの映画「JAWS2/ジョーズ2」
しかし続編は前作を超えられないという映画界のセオリー通り、映画「JAWS2/ジョーズ2」は明らかに映画「JAWS/ジョーズ」よりも劣ってしまったように思えた。

 

まず映画「JAWS2/ジョーズ2」の前半部は、船を燃やしたオバさん以外の見所がほとんどないのが残念。
地元民と警察の海閉鎖を巡るいざこざも、マーティンばかりが鮫の存在を主張している点も、肝心の人食い鮫の襲い方も、そのほとんどが映画「JAWS/ジョーズ」と同じであり焼き増し状態。

 

さらに映画「JAWS2/ジョーズ2」ではマイクの青春とかいう割とどうでもいいシーンがダラダラと続き、中弛み感が酷くてサメへの恐怖もへったくれもなくなる。
挙句の果てにクビになったマーティンの哀愁シーンも挟まって……なんだか映画「JAWS2/ジョーズ2」は人間ドラマがメインであり、サメの存在は人間ドラマを盛り上げるためのスパイスの様にしか扱われていない点が凄く残念だったのだ。

 

しかもそんな主軸に置かれているはずの人間ドラマも、マイクら若者の人数が多すぎることもあり今一つ中途半端。

映画「JAWS2/ジョーズ2」ではそんなグダグダな状況を、マーティンが一人で頑張る後半パートで何とか本筋に戻した印象。


ただ、サメが若者を襲うシーンについては映画「JAWS/ジョーズ」で慣れてしまったのか全く恐怖を感じられなかったのはこれまた残念。

やはり映画「JAWS/ジョーズ」の前半部のような“得体の知れない存在に襲われる恐怖”というジワジワとした不気味さは、一度目にしか通用しないんだろう。

前作を超える続編映画は中々見つからないのだ。

 

そしてそんな映画「JAWS2/ジョーズ2」の続編は「ジョーズ3
ブロディ家とサメの宿命の戦いはまだまだ続くのだった。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・サメ映画, 22:08
-, -