映画「JAWS/ジョーズ(1975)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「JAWS/ジョーズ(1975)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「JAWS/ジョーズ」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「JAWS/ジョーズ」シリーズ第一弾!!

平和な田舎町アミティの海水浴場に、突如出現した巨大な人喰い鮫。観光地としての利益を求める市長らによって対応が遅れ、犠牲者の数は増すばかりとなる。

遂に警察署長ブロディと漁師クイント、海洋学者フーパーの三人の男が鮫退治に乗り出す。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 スティーヴン・スピルバーグ

 

出演 ロイ・シャイダー

   ロバート・ショウ

   リチャード・ドレイファス

   ロレイン・ゲイリー

   カール・ゴットリーブ

   マーレイ・ハミルトン

   ジェフリー・クレーマー

   スーザン・バックリニー

   

 

 

 

サメ映画の金字塔

 

サメ系パニック映画の金字塔であり、原点にして至高である映画「JAWS/ジョーズ」
第一作であるこの映画「JAWS/ジョーズ」では、

 

  • 夏休みを利用して集まってくる学生
  • 海の閉鎖を巡る、地元民と警察との対立
  • サメ博士の登場
  • 地元のサメハンターの登場
  • サメ目線アングル

 

など、後に続々と製作されるサメ映画のテンプレとなるようなパニック映画盛り上げ要素が満載。

 

このテンプレ要素はサメ映画のみならず、ワニだのピラニアだの挙句の果てにはミュータント系サメだのと、とにかく怪物じみた生物が襲い掛かってくるパニック映画で一つは見受けられる要素となってしまったね。

 

そして映画「JAWS/ジョーズ」で海辺に家を建ててしまったマーティン・ブロディ所長。
これによって4作続く映画「JAWS/ジョーズ」シリーズでの、ブロディ一家とサメとの因縁の戦いが始まるのだ。

 

ヒッピーの姉ちゃんや少年、そして地元漁師などがあの不穏なBGMに乗せてサメに食われていく映画「JAWS/ジョーズ」
船をも沈める怪力の持ち主の巨大ホオジロザメは、どうやらこの映画「JAWS/ジョーズ」の田舎町アミティの海辺を餌場と認識してしまったようで……。

 


超怪力ホオジロ鮫

 

自分の長男までサメに襲われかけた事で、映画「JAWS/ジョーズ」のマーティンは遂にサメ討伐を決意。
地元のサメハンター・クイントのオルカ号に乗り込み、海洋学者フーパーと共に沖へ出たマーティン。

 

早速クイントの竿に何かが掛かった、そんなに甘くはいかないのがこの映画「JAWS/ジョーズ」のサメなのだ。

ワイヤーを食いちぎり、三つのタルを付けられても潜水してオルカ号の船底を攻撃し、フーパーを入れた鉄製の檻まで体当たりでぶち壊す怪力を持つのが、この映画「JAWS/ジョーズ」の人食い鮫。

 

インディアナ・ポリス号でのサメへの恨みからか、無線を破壊してまで自分の手でサメとの決着を付けようとしたクイントも敢えなくサメの餌食になってしまうのだった。

 


映画「JAWS/ジョーズ」ラストシーン・感想

 

サメの口にくわえさせた酸素ボンベを目掛けて発砲し、大爆発を起こしたマーティン。
これによってアミティで多数の犠牲者を出したサメの討伐は終了。
マーティンは海底で生き延びていたフーパーと共に、タルと残骸でウキを作って海岸へと泳ぎ着いたのだった。

 


前半は姿を見せずに忍び寄って襲い掛かるサメの恐怖、後半は命がけのサメとの戦い。と、サメの恐怖を満喫できる映画「JAWS/ジョーズ」
派手なスプラッタシーン等はないものの、じわじわと忍び寄る不気味な存在としてのサメの描かれ方はやはり秀逸。

 

映画「JAWS/ジョーズ」で偏屈オジサンにも思えたクイントだが、インディアナ・ポリス号沈没後にサメに襲撃され怯えた記憶があるからこそ、サメへの異常な執着心と復讐心に燃えていたって訳。

 

始めは実戦派とインテリ研究家といった感じで反発しあっていたクイントとフーパーだが、腹を割って語り合ったオルカ号の夜に絆が生まれた二人。
サメへの執着って点では二人とも似た者同士だったのだ。


映画「JAWS/ジョーズ」ではクイントの人間性がしっかり描写されていたからこそ、ラストでサメに食われたのが少し残念でもあり。

 

そして個人的に映画「JAWS/ジョーズ」が名作である理由の一つだと思うのが、犠牲者の中に少年がいる点。

 

なぜなら今時のパニック映画では、子供には補正がかかっていてまず犠牲にならない。
そして“誰かを助けた勇敢さ”だの“嫌な奴が犠牲になる爽快感”だのと、犠牲者の死に人間目線での過度なドラマ性を持たせようとするのが主流。

 

しかし映画「JAWS/ジョーズ」でのサメによる犠牲者は、男も女も善人も悪人も関係なし。
ただただサメによる犠牲者として描かれているだけであり、それが却って映画「JAWS/ジョーズ」のサメの冷酷さを際立たせているように思えたのだ。

 

この映画「JAWS/ジョーズ」でマーティンが苦労して退治したサメだったが、三年後が舞台の映画「JAWS2/ジョーズ2」ではまたしてもアミティにサメが現れて……。
続編は→映画「JAWS2/ジョーズ2

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・サメ映画, 17:34
-, -