海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第15話」(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第15話」(ネタバレあり)

スポンサーリンク

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第15話」(ネタバレあり)

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

 

ウォーキング・デッド シーズン8 第15話 あらすじとか感想とか

 

ウォーキング・デッドにしては珍しく、ウォーカーの邪魔が入らないガチのタイマン殴り合いが見れたウォーキング・デッド シーズン8 第15話。

 

ニーガンが戻ってきたことで、念願のボスの座も一瞬で終わってしまったサイモン。
サイモンが助けに来なかった事も、勝手にヒルトップへの作戦を変更したことも全てを許すと語るニーガン。

 

しかしやっぱりボスの座に上り詰めたいサイモンがとった次の行動は、ニーガンへの反逆!!
ドワイトやグレゴリーを含めた同調者を集め、ニーガンへの反乱を目論むサイモンだったがそこへ現れたのは憎きニーガンで……。

 

そう、ドワイトはサイモンの企みをニーガンにバラしていたのだ。
しかもドワイトはニーガンとサイモンのタイマン中のどさくさに紛れ、次の救世主たちの計画を書いた手紙をグレゴリーを使ってヒルトップに運ばせるという名采配。

 

そんなドワイトの立ち回りがやたら上手いな、と思っていたのも束の間。
ニーガンは生き残り女性の証言からドワイトがスパイであると知っていて、さらにヒルトップへの計画バラしも想定の範囲内であり、それを使ってリック達に奇襲をかけることまで考えていたニーガンさん。

 

スパイ行動がバレてしまったドワイトは、果たしてこれからどんな残虐な方法でニーガンに裁かれてしまうのだろうか。
ちなみにサイモンはニーガンとの殴り合いに敗れ、割とあっけなく出番終了。今まで相当なクズ行為を行っていただけに、いなくなっても何の感慨も湧かないキャラだったね。

 

一方ユージーンを弾丸工場から連れ去ることに成功したダリルとロジータだったが、ユージーンのまさかのゲロ噴射攻撃によって逃げられてしまった。
……イワシとニンニク入りのマカロニチーズゲロとか、すっごい臭そう。

 

それはともかく、大量の弾丸受注を「彼のためなら必ず作る!!」と、相変わらずのニーガンの犬っぷりを見せてくれたユージーン。
コイツの長いものに巻かれる精神はある意味尊敬に値する。結局はなりふり構わないこんなヤツの方が生き延びそうなのも皮肉な所。

 

そしてウォーキング・デッド シーズン8の結末の鍵を握りそうなのがカールが大人たちにあてた手紙。
リック宛の手紙には「ニーガンと和解して!!」と書かれ、ニーガン宛の手紙には「パパが和平を望んできたら受け入れて!!」との旨が。
ニーガンもミショーンから無線で、この手紙の内容を把握済み。

 

う〜ん。両者がカールの遺志に動かされれば和平エンドって事なんだろうが、そう簡単にいくとは思えず。
と言うか、あと一話でリックとニーガンの因縁に終止符が打たれるとは思えない。

 

個人的にはやっぱ和平エンドで有耶無耶な幕切れはちょっと……。たとえリックのトラウマ要因(カールの遺志に耳を貸さなかった)が増えるとしても、ニーガンとはしっかり決着を付けて欲しい。

 

ただカールのリック宛の手紙の内容からも分かるように、既にウォーカーそっちのけで人間同士の戦争物と化しているこのWD8。
人間ドラマがメインになっているからこそ、和平エンドがありそうなのが怖いんだよなぁ。
 

次→「ウォーキング・デッド シーズン8 エピソード16

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:海外ドラマ:ウォーキング・デッド シーズン8, 23:45
-, -