海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第13話」(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第13話」(ネタバレあり)

スポンサーリンク

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第13話」の感想など

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

 

ウォーキング・デッド シーズン8 第13話 あらすじとか感想とか

 

今回のウォーキング・デッドシーズン8 第13話では遂に全面戦闘開始。って事でヒルトップへやってきたサイモン一行。
マギーは捕虜の件を持ち出したものの、サイモンの「捕虜とかイラネ」という返答によって無情にも戦闘が開始。

 

ヒルトップ的には地の利もあるし準備もしてるしで、圧倒的優位な状況。
攻撃を止めたかと思えば暗闇から一転して強襲したりと、ヒルトップ側の練られた作戦には適わずサイモンたちは逃げ帰ったのだ。

 

一見優勢かと思われたヒルトップだったが、弾は切れるし負傷者は多数だし内部でウォーカーが発生するし捕虜脱走しちゃうし……とかつてないほどの混乱状態に。

 

ここで明かされたのが、ちょっと前の回からニーガンたちが入念に準備してたウォーカーの血の意味。
どうやらウォーカーに噛まれていなくても、傷口からウォーカーの血液が侵入すれば噛まれた時と同じように転化するらしい。

 

この性質を利用したニーガン達は、道具に細工をして“噛まれていないから”と油断させてヒルトップの内部からウォーカーを発生させることに成功したのだ。……なんてセコいんだ!!

 

という事は、矢で射られちゃったタラもいずれ転化するのか?それともドワイトの矢にはウォーカーの血は塗られていなかったのだろうか。

そんなタラやダリルの間ではドワイトを許す許さない論争も繰り広げられていて、相変わらず一筋縄ではいかない模様。
今回はこの内部発生を見るに、久々のウォーカーさん大活躍回だったのだ。

 

この内部発生第一ウォーカーとなったオッサンは、以前平和なアレクサンドリアでキャロルと夫婦ごっこをしてたあのオッサン。多分。
その存在すら完全に忘れてたw

 

そして葛藤のプロフェッショナルであるモーガンは冒頭から相変わらずメンタル病んでて、戦闘中だろうが構わず幻覚を見てしまう始末。大丈夫かコイツ……。

 

あと思い出したんだけど、血液が傷口に付着しただけで転化してしまうなら今までに何回かやってた“全身にウォーカーの内臓を塗り付けて気付かれないようにする方法”って結構危ない橋を渡ってたんだね……。

 

傷口がアウトなら粘膜もアウトだろうし、むしろ今まであれだけウォーカーと戦いまくってきた主要メンバーたちが噛まれる以外での感染をしてなかった事の方が奇跡的に思えてきた。

 

次→「ウォーキング・デッド シーズン8 エピソード14

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:海外ドラマ:ウォーキング・デッド シーズン8, 23:48
-, -