海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第9話」(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第9話」(ネタバレあり)

スポンサーリンク

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第9話」の感想など

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

ウォーキング・デッド シーズン8 第9話 あらすじとか感想とか

 

今回のウォーキング・デッド シーズン8の第9話は、カールの最期回。

スタンドで出会った青年セディクを助けた際に腹を噛まれていたカール。

 

どうやらその後はリックやミショーン達に手紙を書いたり、ジュディスと遊んだり最後の写真を撮ったりと、最期の時を過ごしていたらしい。

ジュディスと遊んでいる時のカールの笑顔を見ると、もはや清々しさすら感じられて悲壮感はあんまりなかったね。

 

弱っていくカールがミショーンを“親友”だと語る言葉を聞いて、終着駅への道中でミショーンとカールが少しずつ距離を縮めていった頃を思い出して何だか懐かしい気持ちに。

思い返せばあの時から二人は仲良くなったんだよなぁ……。ホント懐かしい。

 

そしてこのウォーキング・デッド シーズン8の第1話からちょこちょこ挿入されてきた年老いたリックや繁栄するアレクサンドリアの街のシーンは、カールの夢だったと判明。

てっきりメンタル不安定なリックさんの妄想かなんかだと思ってたんだが、実はカールの理想入り混じる夢。

 

どうやらカールは初めて殺めた少年の事をずっと引きずっていたようで……。

夢の最後にはニーガンも登場し、アレクサンドリアで共に生活していたのだ。カールまじでニーガンと仲良く暮らせると思ってたのかな?

 

あんまりおセンチな事を吹き込んじゃうと、感化されたリックさんがまーたお話合いモードに突入してしまいそうで心配……。

 

カールはその後自らにとどめを刺して、リックの手を汚させない親孝行っぷり。そしてリックとミショーンが二人で堀った穴に埋められたのだった。

カールが助けたセディクは実は研修医だったらしいから、これからの街の再建に役立ってくれるんだろう。きっと。

 

一方キャロルとモーガンはエゼキエルを救いに王国へ。

闇夜に紛れた隠密行動で、一人、また一人と警備の人員を始末していく仕事人二人組。たまんねぇな。

 

しかしそこまで隠密行動をしておきながら、いざ見つかると結局銃乱射で武力の限りを尽くして敵を始末する二人w

モーガンに至っては襲われて絶体絶命の状況で、敵の腸を素手で引き抜いて倒してしまう鬼畜モードが発動。

 

エゼキエルの制止を聞かずに最後の一人と向かい合うモーガンだったが、この敵にとどめを刺したのはキャロルに付いて来てしまっていた少年ヘンリー。

この辺りで過去のカールと現在のヘンリーを重ねた演出が。ヘンリーもこの件をずっと引きずることになるのだろうか。

 

ちなみに救世主たちがどうやって聖域から脱出できたかと言えば、周囲のウォーカーを射撃してその体で壁を作って道を作り、そこから脱出していたらしいのだ。

仕組みが分かるとやたら簡単なもんだ。

 

そして今回のウォーカーさんは……ほぼ出番なし!!

カールを噛む際のドアップや、救世主たちに壁にされるだけの簡単なお仕事のウォーカーさん。まぁいつもの事だね。

このウォーキング・デッドシーズン8が始まってずっと気になっている、あのヘリについては今回も言及なし。引っ張るねぇ〜。

 

次→「ウォーキング・デッド シーズン8 エピソード10

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:海外ドラマ:ウォーキング・デッド シーズン8, 23:46
-, -