映画「エスター(2009)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「エスター(2009)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「エスター」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

子どもを流産で亡くしたケイトとジョンはトラウマに苦しみ、夫婦関係も限界を迎えていた。

以前の幸せな日々を取り戻そうとした彼らは養子を取ること決意をし、地元の孤児院を訪問。そこで出会ったエスターという少女を養女として迎え入れる。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

監督 ジャウム・コレット=セラ

 

出演 ヴェラ・ファーミガ

   ピーター・サースガード

   ジミー・ベネット

   アリアーナ・エンジニア

   イザベル・ファーマン

   CCH・パウンダー

 

 

 

一家のほころび

 

この映画「エスター」で流産の過去もあり、どうしてももう一人子供が欲しいケイトが引き取ったのが超問題児のエスター。
始めの内は猫をかぶって“ちょっと個性的だがケイトを慕ういい子ちゃん”を演じていたものの、徐々にその本性があらわに。

 

映画「エスター」のエスターが、マックスを危険な池の周辺に連れまわして遊んだり、長男のダニーが好奇心からおもちゃの銃で撃ってしまい苦しむ鳩を「楽にしてやる」と石で叩き潰したり、興奮すると金切り声を上げたり、夫婦の情事を邪魔したりするのはまだ可愛いもの。

 

エスターは遂には人に危害を加えるようになり、自分に絡んできた同級生を遊具から突き落とすと、自分を孤児院に連れ帰るかもしれないシスターをハンマーで殴って遂に命を奪ってしまった。

 


暴走する少女

 

映画「エスター」でマックスを手下にしているエスターはケイト以外の大人に疑われず、その暴走はエスカレート。
エスターはケイトの隙をついて、マックスの乗ったサイドブレーキを解除。マックスは無事だったものの、この事故の責任はケイトへ。

 

この期に及んでエスターを怪しまない呑気なジョンに頼れないケイトは、独自にエスターの過去を調査。
するとエスターは孤児院ではなくエストニアの精神病棟にいた事が発覚。さらに過去にエスターを引き取った一家は放火による火災で全滅していて……。

 

一方シスターをヤったのはエスターだと確信していたビリーは、ツリーハウスにその証拠を探しに行くものの、この行動も全てエスターに筒抜け。
エスターはツリーハウスに火を放ってビリーを閉じ込めると、逃げ場を失ったビリーは落下。一命はとりとめたものの意識不明でICUへ。

 

すると仕留めそこなったエスターはビリーを枕で窒息させ、そんなエスターを平手打ちしたケイトは鎮静剤を撃たれて入院させられてしまったのだ。

 


エスターの正体

 

精神病院からの連絡によると、なんと映画「エスター」のエスターは実年齢33歳。どうやらホルモンの異常で成長できない病気らしく、それでも男が欲しくて今までの養父にも関係を迫り、拒まれると一家を全滅させる超狂暴な女だったのだ。

 

という事で、映画「エスター」のエスターの一番のターゲットだったのは実はジョン。エスターはメイクやドレスで精いっぱい大人ぶってジョンを誘うものの、ジョンはもちろん拒否。

すると逆上したエスターはジョンをメッタ刺しにして絶命させ、それを目撃していたマックスを追いかけてくるのだった。

 

 

映画「エスター」ラストシーン・感想

 

病院から駆け付けたケイトと凍った池の上で戦うエスター。
マックスが発砲したことで割れた池の中に転落しながらも、ケイトはそれでもしがみついてくるエスターを遂に池に突き落としたのだった。

 


醜悪な本性が露わになっていく流れが秀逸な映画「エスター」
映画「エスター」では序盤でのエスターの小憎たらしさと、終盤でのエスターの異様な暴走が見所。そして映画「エスター」の何が怖いかって、性悪腹黒女の怨念溢れる執念心。

 

外見上大人になれずにまともに恋愛もできない劣等感がそうさせたのか、もともと狂気の素質を持っていたのか。

映画「エスター」のラストの池の上でのバトルでは、何度ケイトに蹴落とされようと「これでもか!!」と言わんばかりに復活してくるエスターの執念は鳥肌もの。

 

そして冒頭での流産シーンがオカルトちっくだったし、エスターが精神病棟にいたという点も含めて、十中八九悪魔が憑いてるとか言うオカルトなんじゃないかと想像しながら見ていただけに、エスターの正体には驚かされた。
オカルトホラー映画かと思いきやサイコホラー映画だった、という良い意味での裏切りだね。

 

そんな映画「エスター」で一見和やかに見えるコールマン一家だが、夫は過去に不倫していたり、ケイトは元アル中で断酒中、そして流産のトラウマあり。

ジョンの不倫が発覚したからケイトがアル中になったのか、はたまた逆なのか。


その辺りのエスターが引き取られる前のコールマン一家に起こった出来事の時系列ははっきりしていないものの、マックスが池に落ちた事故についてはケイトのアル中が原因なのは確か。

もしかしたら映画「エスター」のマックスの難聴も、この事故が原因なのかもしれない。


そんな一家の隙をついて家族のほころびを大きくしていき、人をいがみ合わせる天才なエスター。

映画「エスター」ではコールマン一家の面々に対するエスターの態度の違いも面白い。


邪魔なケイトには早くから本性を現し、呑気で鈍いジョンの前では一貫して猫かぶり
マックスには初めは手話を覚えて理解ある姉を演じて慕わせ、本性を現してからも恐怖で従わせる徹底っぷり。

 

さすが今までに何度もやってきただけあって、徹底された一家崩壊戦略を持っているのが映画「エスター」のエスターの恐ろしさでもあり魅力でもあったのだ。

 

エスターの本当の狙いが判明すると、孤児院でエスターと最初に出会ったのがジョンだった事にも意味を感じる。
ジョンを誘ってくる奥さんをやたら憎悪の目でにらんでいたり、夫婦の情事を邪魔していたのも全てがつながって納得できるね。

 

しかし外見上ずっと9歳なら既婚者を狙わずにロリコンに狙いをつければいいのに……とも思ってしまった映画「エスター」
ロリコンと合法ロリでお互いWin-Winな関係になれそう。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 21:38
-, -