スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

もう誰も信じられない…… 映画「リピーテッド(2014)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「リピーテッド」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

目覚めると前日までの記憶が全て消えてしまう記憶障害を持つものの、献身的な夫ベンに支えられ日々を送っているクリスティーン。ある日、医師だという人物からの電話を受けたクリスティーンは、ベンに黙って彼のもとで診察を受けていると聞かされた。

数週間前から毎日の出来事を映像で記録していることも教えられたが、そこには信じられない記録が収められていた……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ローワン・ジョフィ

製作総指揮 リドリー・スコット

 

出演 ニコール・キッドマン

   コリン・ファース

   マーク・ストロング

   アンヌ=マリー・ダフ

   ディーン=チャールズ・チャップマン

   

 

 

 

 

記憶障害の妻

 

この映画「リピーテッド」で一日しか記憶が持たない記憶障害の女性クリスティーン。
朝目が覚めるとまず夫であるベンがこの症状をクリスティーンに伝える日常を送っていたらしいが、そこへ医師ナッシュからの電話が。

 

映画「リピーテッド」ではナッシュの協力で記憶障害の治療を始めていくと、事実と違う話をしているベンが断然怪しく思えてくる。
まずクリスティーンが記憶障害になったのは10年前に何者かに襲われたせいなのだが、ベンは事故のせいだったと彼女にに教え込んでいた。

 

そしてクリスティーンの事を良く知る親友の女性クレアをなぜかクリスティーンに近づけないように工作していたのもベン。
更には映画「リピーテッド」で夫婦の子供であるアダムの存在や、アダムが亡くなった事までもベンはクリスティーンに隠していたのだ。

 

ナッシュ医師の教え通り、その日に起こった出来事をビデオに記録していったクリスティーン。
彼女が自分の過去を調べれば調べるほど、断片的な記憶も蘇ってきて「ベンの話は信じるな」状態に陥っていくのだった。

 


粘着系執着男

 

しかし映画「リピーテッド」でクレアが託されていたベンからの手紙により、夫婦は4年前に離婚しつつもその後ベンが戻ってきてクリスティーンの世話をしていると知ったクリスティーン。
これまでの夫の行動も、彼女を動揺させ傷つけたくないという深い愛情によるものだったと感じたクリスティーンは全てをベンに話して彼を許すことに。

 

しかし突然激昂し殴りかかってきたベンと。そこにかかってきたクレアからの電話によると、なんとこのベンは本物のベンではないようで……。

 

実は映画「リピーテッド」で夫のベンを名乗っていたのは、クリスティーンの記憶障害の引き金となった事件の犯人である男マイク。
10年前の事件の日、クリスの愛人であったマイクはベンに二人の関係をバラそうとしたものの、クリスが止めた事に激怒し暴行を加えていたのだ。

 

そして映画「リピーテッド」での事件から6年後。クリスの症状に堪えられなくなった本物のベンが去って行くと、これ幸いとばかりにマイクがベンのふりをしてクリスを自分の物にしたというわけ。
で、マイクの動悸は「君のお世話をすることが僕の幸せなんだ!!」という、粘着質なストーカー的愛情によるもの。

 

もうベンのふりをしたくないから全てを話して明日からはマイクに戻る、と語るマイク。さらにアダムが生きていることも発覚。
逃げようとしたクリスはマイクに襲われるも、何とか反撃して逃走に成功。

映画「リピーテッド」のマイクは逮捕され、クリスはビデオに「アダムは生きている」と記録したのだった。

 


映画「リピーテッド」ラストシーン・感想

 

その後病院で目覚めたクリスティーンの面会に訪れた、本物のベンと成長したアダム。
アダムがクリスティーンに話しかけると、彼女の口からは息子との思い出の言葉が。クリスティーンは記憶を取り戻しつつあるのだった。

 


映画「リピーテッド」はよくある記憶障害の物語。なーんかどっかで見たことあるようなないようなストーリーであり、使い古されたネタには大した捻りもなくて、まぁこんなもんかな程度の映画「リピーテッド」だった。
記憶障害サスペンスとしては「メメント」という最高峰の比較映画があるだけに、どうしても見る目が厳しくなってしまう。

 

そんな記憶障害そのものよりも、クリスティーンの魔性の方が印象的だった映画「リピーテッド」
不倫の代償として十年間の記憶を失ったのは皮肉な話だが、この映画「リピーテッド」のクリスティーンはとにかく愛され系。

 

愛人との逢瀬が原因で記憶障害になったにも関わらず6年間も世話をしていた本物のベンの愛情も中々だし、6年経っているにも関わらずベンが去っていった途端にすかさず駆け付けてクリスを自分の物にしたマイクの盲目的な愛の深さも半端ない。

 

更に映画「リピーテッド」では治療に関わったナッシュ医師まで彼女の魔性に惑わされてしまい、オチかけてしまうというなんとも愛され系の40代であったクリスティーン。

 

本物のベンに関してもクレアがわざわざ“一人暮らし”とか“一回だけの関係”を強調していたし、ラストで再開したベンもまんざらじゃなさそうだし一家再生待ったなしなんだろうね。
 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・サスペンス, 22:22
-, -