皇帝の不老不死を阻止せよ!! 映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

皇帝の不老不死を阻止せよ!! 映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「ハムナプトラ」シリーズ第三弾!!

“シャングリラの眼”と呼ばれる巨大なダイヤモンドを外務省の依頼で上海に返還することとなったリックとエヴリンは、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックスと再会する。

そんな中、アレックスの発掘した皇帝のミイラが蘇る事件が発生し……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ロブ・コーエン

 

出演 ブレンダー・フレイザー

   マリア・ベロ

   ルーク・フォード

   ジョン・ハナー

   リアム・カニンガム

   イザベラ・リョン

   ミシェール・ヨー

   ラッセル・ウォン

   ジェット・リー

   アンソニー・ウォン

   ジェシー・メン

   デヴィッド・コールダー

   

 

 

 

舞台は中国

 

2000年前の中国。五つの要素の能力を操る時の皇帝が望むものは“永遠の命”
ってわけで映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」の皇帝は妖術師のツイを使い太古から伝わる不老不死の術を使わせようとするも、皇帝に不信感を抱いていたツイが皇帝にかけたのは実は呪いの術だった。

 

そんなことは露知らず、映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」の皇帝はツイと恋仲になっていたミン将軍を始末しツイを我が物にしようとするも呪いが発動。
皇帝は炎に包まれた後、その姿は陶器と化したのだった。

 

時は流れて1940年代の中国。映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」で上海博物館の館長であるロジャーと共に皇帝陵の発掘をしていたアレックス。
アレックスは調査中に忍者のような姿をした女リンの妨害を受けるも、何とか陶器と化した皇帝の発掘に成功。

 

しかし映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」ではこのロジャーが曲者。ロジャーはリックがイギリス政府に依頼されて上海へと運んだ“シャングリラの眼”を我がものとすると、皇帝を復活させて世界征服を目論むのだった。

 


親子で決戦!!

 

復活した皇帝がヤン将軍らと向かったのは幻の桃源郷であるシャングリラ。このシャングリラにある泉の水を飲むと皇帝の悲願である不老不死がかなうとかなんとか。

映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」のリックたちは先回りして皇帝達を迎え撃ったものの、5つの要素を操る能力持ちの皇帝に手も足も出ず。アレックスを庇ったリックが重傷を負ってしまう事態に。

 

そんな中で現れたのが2000年前の妖術師であるツイ。実はツイは2000年前にイエティによって助けられ、その後不老不死の力を手に入れていて、実は娘のリンも不老不死なんだとか。
ツイの手当てによりリックは回復。

 

ツイは自分とリンの不老不死と引き換えに、皇帝によって万里の長城に埋められた群衆を復活させて戦力にすると、皇帝が良いが蘇らせた大量の兵馬俑との戦闘へ。
ジョナサンらの空からの援護もあり、映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」での戦況は有利になるもツイは皇帝によって命を奪われてしまうのだった。

 

一方皇帝にさらわれたリンを助け出したアレックス。オコーネル親子VS皇帝の最終決戦が始まり、ツイから預かった皇帝唯一の弱点である龍剣を真っ二つに折られてしまった二人。

 

しかし映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」のリックとアレックスはこの折れて二つになった龍剣を利用して皇帝を前後から貫くと、皇帝は敗北して消滅。外の兵馬俑も消滅し砂と化したのだった。

 


映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」ラストシーン・感想

 

後日ジョナサンの営むバー“イムホテップ”でダンスパーティーを楽しむリック達。
アレックスは旅の中で惹かれあっていたリンと結ばれていた。ジョナサンはちゃっかり手に入れていたシャングリラの眼を手に、ミイラのいないペルーで商売を始めようと画策するのだった。
 


のっけからエヴリンの中の人変更による違和感が強烈な映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」
エヴリンはアクションシーンでの見せ場もあるし、リックを庇ったり心配する姿をみるにキャラクターは変わってないんだけど、だからこそ中の人による「違う。これじゃない」感が凄かった。

 

なんと言うかこの映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」のエヴリンは“クールな大人の女性が無理やりチャーミングな演技をしている”様にしか見えなくて、少し痛々しい……。
うーん、何故もっとレイチェル・ワイズに近い雰囲気の人を選ばなかったのだろうか?


個人的にはこの映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」はエヴリンの中の人変更のせいで、映画「ハムナプトラ」シリーズの楽しさが5割減。

 

さらに前作映画「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」から10年近く経った舞台だから、もちろんアレックスも成長していて新しい役者が当てられている。
そうなるとオコーネル一家の2/3の容姿が別人という事になり、そんな状況であくまでもこれまでのシリーズの設定を引っ張ってきて思い出話なんかを語るもんだから、これにはもう不気味な違和感を抱かざるを得なかった。

 

まぁ裏を返せばそれだけ「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」におけるエヴリンの魅力が大きかったって事なんだろうけどね。

 

そんなモヤモヤとした気分で見ていたからなのだろうか。映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」では惹かれ合うアレックスとリンにも全く興味を抱けなかったし、なんといっても始皇帝の拭いきれない小物臭……。

 

そして映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」ではツィとリンが不老不死という設定も大して生かされていなかった印象。リンは2000年以上生きてる割にその辺の乙女と変わらないような極めて普通の思考回路。なんだかなぁ〜。

 

映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」では物語上重点が置かれているリックとアレックスの親子の確執だが、結局のところ「僕の重要な時期に僕にかまってくれなかった!!」みたいな割とよくあるざっくりした確執。
ちなみに同時期に公開された映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 」も親子がテーマであり、やっぱりこの「ハムナプトラ」シリーズは「インディ・ジョーンズ」シリーズに似ている。

 

ちなみに映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」のラストではペルーでミイラが見つかったとか何とかで、さりげなくペルー編の続編が示唆されているものの、10年経った現在でも続編が作られていない点を見るにこれはもう映画「ハムナプトラ」シリーズは三部作で終了って事なんだろう。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アドベンチャー, 22:34
-, -