海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第2話」(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第2話」(ネタバレあり)

スポンサーリンク

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン8 第2話」の感想など

 

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

 

ウォーキング・デッド シーズン8 第2話 感想とか

 

モーガン、タラ、ジーザス達が攻め込んだのは多分シーズン6でリック達が圧勝したあのアンテナ基地。
しかしこのタラとジーザス、全く統制が取れてないw
降伏した相手を撃てないジーザスと、強硬姿勢で行きたいタラ。そして敵とあらば即ヘッドショットのキラーマシーンと化したモーガン

 

ジーザスはディーンとか言う戦闘員をなんだかんだで見逃してやり、その他大勢の救世主たちも武器を捨てたからokって事で命を奪わない方針。
この甘さが今後吉と出るか凶と出るのか……。

 

そしていつぞやの平和思考から打って変わったモーガンのキラーマシーンっぷりに清々しさを感じていたんだが、結局葛藤w
再登場してからは、葛藤葛藤、また葛藤。もうこの人は葛藤するのが役割みたいなもんだから仕方ねーな。

それにしたって敵前で方針の違いをさらけ出すのはやめろよw救世主から見たら格好の隙じゃないか。

 

そんなアレクサンドリアの住民たちの統制の取れなさや意見の違いには毎度イラだたされる部分もあるんだけど、「見つけ次第ころせ!!」みたいなメンバーだらけだったらそれもう救世主たちのゴロツキ戦闘員と変わらないからね。
残った良心で葛藤する人間味こそがウォーキング・デッドのメンバーの魅力なんだと思う事にしよう。

 

一方モーガンほどではないものの、襲い掛かってきた救世主の一人をヤったリック。しかしその戦闘員には幼子がいて……。
あぁまた一つリックのトラウマ要因が増えた。これはきっと戦いが終わった後、事あるごとに思い出して罪悪感に苛まれていつものメンヘラリックが再来するフラグっぽいのだった。

 

今回の“予期せぬ再会”ってサブタイトルを事前に目にして、一体誰と再会するんだとワクワクしてたんだがモラレスってまたとんでもなく昔のキャラが登場!!

 

てっきりシーズン7でタラと調達に行ったっきり行方不明のドレッドヘアー君がニーガン側になって再開するのかとか予想してたんだけど、まさかのシーズン1からの再登場ですよ。
リックさんよく覚えてたね。自分は完全に頭から抜け落ちてた。

 

しかし虎は相変わらずの最強っぷり。人間が色々考えて落ち込んだり罪悪感を抱いたりしてるのを見ると、なーんにも考えずに命令に従える虎の単細胞っぷりになんだか癒されてしまったのだ。

 

次→「ウォーキング・デッド シーズン8 エピソード3

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:海外ドラマ:ウォーキング・デッド シーズン8, 01:58
-, -