映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「インディ・ジョーンズ」シリーズ第三弾!!

キリストの聖杯を探していて行方不明になった父、ヘンリーを追ってベニスに飛んだインディ・ジョーンズ。

ナチスの追手が迫る中、ジョーンズ親子の逃亡と脱出の冒険が繰り広げられる。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 スティーヴン・スピルバーグ

 

出演 ハリソン・フォード

   リヴァー・フェニックス

   ショーン・コネリー

   ジョン・リス=デイヴィス

   デンホルム・エリオット

   アリソン・ドゥーディ

   ジュリアン・グローヴァー

   マイケル・バーン

   リチャード・ヤング

   マイケル・シェアード

 

 

 

 

父を探し出せ!!

 

この映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で、博物館のスポンサーであるドノヴァン氏に聖杯発掘の話を持ち掛けられたジョーンズ。
初めこそ乗り気ではなかったが、自身の父・ヘンリーが聖杯発掘で行方不明になったと聞いてしまうと、過去にわだかまりもあるもののやっぱり放ってはおけない!!って事で、パパの行方を捜す事に比重が置かれている映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」

 

そうしてパパ探しが一番の目的だったものの、ヘンリーの助手であった美女エルザと共にベニスの図書館の地下で聖杯のありかのヒントである石板を見つけ出すと、そこはやっぱりトレジャーハンターの血が騒ぎだすのがインディ・ジョーンズ。
映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」のジョーンズはヘンリーの救出に奔走しながらも、友人のマーカスとサリーを聖杯が眠る遺跡へと向かわせたのだった。

 


親子でありつつ兄弟

 

もちろんこの映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で聖杯を狙うのはジョーンズ達だけでなく、一番の敵であるのはナチス親衛隊のフォーゲル大佐。
フォーゲル大佐は聖杯の力をヒトラーのために使おうと事あるごとにジョーンズ親子やマーカス達を付け狙うも、聖杯を守る騎士兄弟って存在も現れて三つ巴となってしまった映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」

 

その上この映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」では、エルザもドノヴァンもナチスと手を組んでいたと判明。つまりジョーンズは初めから聖杯を探すための手駒として利用されてたって事だね。
挙句ジョーンズとヘンリーは親子でありつつ、ヒロインであるエルザの穴を介した兄弟でもありつつ……と、衝撃的な事実まで判明してしまったのだ。

 


本物を選び出せ!!

 

まぁ親子で穴兄弟なんてのは大した問題ではないのがこ映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」であり、とにかくジョーンズが信頼できるのはヘンリー、マーカス、サラーの三人だけ。

そんな中映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で、聖杯眠る遺跡に向かう途中でフォーゲル大佐を撃破したジョーンズ達。遺跡に向かうも、そこにいたのはエルザとドノヴァン。


ドノヴァンはヘンリーを撃ち、ジョーンズに聖杯の元へ向かうように命令。

ヘンリーの手帳通りに罠を抜けたジョーンズだったが、そこには大量の杯が……。
映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で700年も聖杯を守り続けてきた騎士が言うには間違った聖杯を選んだら命を失い、さらに遺跡内でなら聖杯の力使っちゃってもイイよ!!ってスタンス。


永遠の命を欲しがっていた映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」のドノヴァンだったが、エルザにハメられ偽物の聖杯を選んだことでボロボロに風化して消滅。

一方ジョーンズは本物の聖杯を選び出し、ヘンリーに聖水を飲ませてその傷を癒すことに成功。しかし欲に駆られたエルザが聖杯を持ち出そうとしたことで遺跡は崩壊し始め……。

 


映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」ラストシーン・感想

 

ジョーンズが救出しようとしたものの、エルザはその手よりも聖杯に目がくらみ地中の亀裂へ落下。ジョーンズも落下しそうになり聖杯に手を伸ばすも、ヘンリーが呼びかける声によって聖杯を諦め九死に一生を得た。
四人は崩壊する遺跡を抜け出し、帰路に就くのだった。

 


ジョーンズとヘンリーとの絆や和解をメインテーマにしつつ、大分コミカルな雰囲気で進んでいく映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
この映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」ではヘンリーのドジかつ運のいい、飄々としたキャラクターが見ていて楽しい。自分で床に火をつけてしまったり、自分で自分の飛行機を撃っちゃったりとかね。

 

あとインディ・ジョーンズのトレードマークである帽子や鞭、そして蛇嫌いに至った秘話なんかも明らかに。インディアナって名前も実は飼い犬の名前だったのだ。
個人的には映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」の少年期回想シーンで、ジョーンズに帽子を渡した盗賊団のボスが凄く粋で印象的。

 

そして聖杯を手にするためなら軽蔑するナチスとでも手を組んじゃう、ヒロインでもあり敵でもあるエルザさん。
映画「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」のマリオン、映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」のウィリーに続く三人目のヒロインとなったこのエルザだったけど、欲望に忠実な美人悪女とかもう自分のツボすぎて、今までのヒロインの中でずば抜けて好き。


即ヤらせてくれる色香といい、本性を現してからの去り際ねっとりキスといい、ホント魔性の女だよ……。たまんねぇな。
映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」のエルザは、最期も生き残ることなくしっかり気持ちよく散ってくれるし、悪女系ヒロインのお手本みたいな存在だったね。

 

この映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で映画「インディ・ジョーンズ」シリーズ三部作は一応終了だが、19年の時を経て製作された続編は「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アドベンチャー, 13:46
-, -