映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「インディ・ジョーンズ」シリーズ第二弾!!

1935年の上海。暗黒街の組織の策略にはめられたインディは飛行機から脱出、インドの山奥に降り立つ。そこで伝説の秘宝“サンカラ・ストーン”を探し求める邪教集団の陰謀を知ったインディ・ジョーンズ。

ジョーンズは相棒のショーティーと、ナイトクラブで知り合った歌手のウィリーと共に敵の城へ向かう。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 スティーヴン・スピルバーグ

原案 ジョージ・ルーカス

 

出演 ハリソン・フォード

   ケイト・キャプショー

   キー・ホイ・クァン

   アムリーシュ・プリー

   ロシャン・セス

   フィリップ・ストーン

   ロイ・チャオ

   

 

 

 

 

邪神崇拝のパンコット宮殿

 

今作「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」では相棒の少年ショーティーと、上海で成り行きで一緒になった歌姫ウィリーと共に三人でお宝探しをすることとになったインディ・ジョーンズ。

 

飛行機が墜落したインドの小さな村で聞いた話によると、サンカラ・ストーンという富と栄光をもたらす石がパンコット宮殿で邪神を崇拝する輩に奪われ、さらに村の子供たちの姿が消えたというのだ。

老人の頼みもあり、なおかつお宝と聞いて黙ってられないジョーンズは、ゾウを乗りこなしてパンコット宮殿に到着。


パンコット宮殿では、猿の脳みそシャーベットカブトムシ焼き、謎の目玉の浮かぶスープ、などの豪華料理でもてなされた三人だったが、もちろん歓迎されているはずがなく。

映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」で部屋に襲いに来た刺客を切り抜け、トラップだらけの回路を抜けた地下で行われていたサギー教の邪神を崇める儀式を目撃したジョーンズ。


三つのサンカラ・ストーンを盗み出すも、映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」のジョーンズは強制労働を強いられていた村の子供たちを助けようとした際に賊に見つかり囚われてしまうのだった。

 

 

サンカラ・ストーンと子供たち

 

映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」では、過去に本当は5つあったサンカラ・ストーンの内2つを、侵略に備えて地下に埋めて隠した。そして現在その2つのサンカラ・ストーンを掘り出すために村からさらった子供たちを強制労働させている、とかそんな感じ。

 

この邪教の司祭ラムは生きた人間の心臓を抉り取ったり悪魔の血を飲ませた人間を乗っ取ったりとオカルティーな術を使いまくる強敵。
しかも宮殿の王である少年シンも実は術に乗っ取られていて、藁人形みたいな呪いの人形を使って遠隔攻撃を仕掛けてくるのだった。

 

映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」では捕らわれたウィリーが生贄として地下深くの溶岩に沈められそうになり、ジョーンズも悪魔の血を飲まされ乗っ取られてしまい最大のピンチに陥った一行。

しかしショーティーの悲痛な叫びにより正気を取り戻しウィリーを助け出したジョーンズ。ショーティーはさらに、シンの目を覚まさせ呪いの人形攻撃を止めさせるファインプレーを見せるのだった。

 

村の子供たちを解放すると、濁流押し寄せる中トロッコで脱出した三人。しかし橋の上で信者たちに囲まれてしまい絶体絶命の状況に。

 


映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」ラストシーン・感想

 

壊れた橋上でもみ合うラムとジョーンズ。ジョーンズがサンカラ・ストーンに「シバの敵だ」と語りかけると石が発火。
そんな石に気を取られたラムは川に落下しワニの餌食に。
村には子供たちが戻り、ジョーンズは取り戻したサンカラ・ストーンを老人に渡すのだった。

 


この映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」は前作「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」の続編なんだけど、作中の時系列的には「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」よりも以前の出来事。

 

映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」でジョーンズが信者たちに捕まってからは、これでもか!!と言わんばかりに息つく暇なく畳み掛けるピンチの連続。
そんな中でショーティーのナイスアシストもありつつ、敵をちぎっては投げちぎっては投げの活躍を見せてくれるインディ・ジョーンズ。

 

もちろん相変わらずのお宝第一脳なんだけど、こお映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」では村の子供達を救うという分かりやすい大義があった分、ジョーンズの正義のヒーロー感が強調されていたね。

ジョーンズとショーティーのコンビも微笑ましくて、その上ウィリーがコメディエンヌとしてスパイスをきかせるといった感じでバランスが完璧だった映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」の三人。

 

冒険要素も満載だし、テンポも最高だし、ラストには勧善懲悪のスッキリさもあるし、とアドベンチャー映画として大満足できた映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」
自分は映画「インディ・ジョーンズ」シリーズの中でこの映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」が一番好き。

細かい事を考えずにただただ楽しめてラストは爽快っていう超王道アドベンチャーでありつつ超秀作である映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」だったのだ。

 

続編は「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アドベンチャー, 23:10
-, -