映画「スパイダーマン3(2007)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「スパイダーマン3(2007)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「スパイダーマン3」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

サム・ライミ版、映画「スパイダーマン」シリーズ第三弾!!

かつてベンオジサンの命を奪った真犯人であるフリント・マルコが刑務所から脱獄。

その情報を知らされ激しい怒りに燃えるピーターは、メイおばさんの制止の言葉も聞かず犯人の行方を追う。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 サム・ライミ

 

出演 トビー・マグワイア

   キルスティン・ダンスト

   ジェームズ・フランコ

   トーマス・ヘイデン・チャーチ

   トファー・グレイス

   ブライス・ダラス・ハワード

   ローズマリー・ハリス

   J・K・シモンズ

   ジェームズ・クロムウェル

   テレサ・ラッセル

   ディラン・ベイカー

   テッド・ライミ

 

 

 

 

黒ピーター化

 

映画「スパイダーマン3」の冒頭では今までと打って変わってMJとの交際も順調成績も優秀、スパイダーマンも市民にヒーローとして認められ子供にも大人気、と全てが順調で自信に満ち溢れているピーター。

 

映画「スパイダーマン3」のピーターに残る問題はハリーからの恨みだけだったが、襲い掛かってきたハリーを返り討ちにした際のダメージによってハリーは記憶喪失となり以前の穏やかな関係を取り戻したのだった。

 

これで問題は全て解決。順風満帆な生活を送るかと思われたが、ピーターはベンおじさんの命を奪った真犯人がマルコと言う男であり現在脱獄している事実を知らされてしまう。

 

そんな時映画「スパイダーマン3」で、突如山中に落ちてきた隕石に付着していた謎の黒い生命体。

この生命体“シンビオート”はマルコへの復讐心に駆られたピーターに寄生し、彼はブラック・スパイダーマンとして以前よりも強大なパワーを持ってしまう。

寄生されたピーターは次第に言動が荒くなり性格も傲慢になり正義のためではなく私怨のためにまでその力を使うようになってしまうのだった。

 


まるでメロドラマ

 

映画「スパイダーマン3」では市民栄誉賞まで貰い、文句なしのNYのヒーローとなった事でちょっと調子に乗り出したピーターは、授賞式の際にMJの見ている前で別の女グウェンと濃厚なキスをする慢心っぷり。
これはもう、プロポーズを控えている男のやることとは到底思えない空気の読めなさ。

 

一方MJはMJで相変わらず男性依存気味であり、過去二作「スパイダーマン」「スパイダーマン2」でもおなじみだった“寂しくなるとフラフラと別の男で気を紛らわす病”が再発。
この映画「スパイダーマン3」でターゲットになったハリーは、思わせぶりにやってきた挙句思わせぶりに去っていくMJを前に、遂に記憶を取り戻してしまうのだ。

 

そうなるとピーターへの憎悪はいやが上にも高まり、映画「スパイダーマン3」のハリーはMJとピーターを別れさせると「MJとのキスは美味しかったぞ〜www」と、下衆顔でピーターを煽りまくり。
しかし黒ピーターも負けず劣らずの下衆顔で「お前の父親はお前を軽蔑してたんだぞ〜www」と煽り返し。

 

ハリーに勝利してもピーターの恨みは収まらず、MJのバーに赴きMJの目の前でグウェンとイチャつき熱烈なダンス
完全な当てつけでしかないこの行為に、映画「スパイダーマン3」のピーターに惹かれていたグウェンでさえドン引き。

いやぁ〜この黒ピーターの行為は映画「スパイダーマン」のノーマンもびっくりの的確なメンタル攻撃


ただでさえブロードウェイの舞台を下ろされて場末のバーで働かざるを得ない自尊心ズタボロのMJに対して、美女(しかも女優の卵)を連れて見せつける外道さだからね。

 


熱い共闘

 

さすがにやりすぎた自覚したピーターはなんとかシンビオートを引き剥がしたものの、シンビオートはピーターに恨みを持つ記者エディに寄生。

エディはサンドマンとなったマルコと手を組み、MJを人質にしてスパイダーマンをおびき寄せたのだった。


二人の敵を相手に、絶体絶命のスパイダーマンの前に現れたのは……そう、グライダーに乗ったハリー!!

映画「スパイダーマン3」でお互いの下衆い面を見せあった二人の固い絆と連携によってシンビオートを倒したものの、ハリーはピーターを庇った際に負傷し命を失ってしまうのだった。

 


映画「スパイダーマン3」ラストシーン・感想

 

「当時は娘のために金が必要で、ベンおじさんを撃ってしまったのも事故だった」とマルコから聞かされたピーター。
ピーターが恨みを堪えてマルコを許すと、砂と化したマルコは風と共に消滅。
ハリーの葬儀の後、ピーターとMJはバーで抱き合うのだった。

 


“私怨に駆られてはいけない”とか“憎しみは憎しみを生むだけだ”という、道徳の教科書みたいなテーマだった映画「スパイダーマン3」

VSハリーやVSエディでのスパイダーマンのアクションシーンについては過去二作スパイダーマン」「スパイダーマン2と比べても最高。
しかしピーターに、あの状況で恨みを捨てて許せってのは酷すぎませんか。まぁその酷さを乗り越えてこそ本当のヒーローって事なんだろうけどね。

 

そして映画「スパイダーマン3」のハリーはとんでもなく不憫。取って付けたような執事の告白によってやっと真実を知るわけだが、この辺りの後付け感もイマイチ。

映画「スパイダーマン」や映画「スパイダーマン2」になにか伏線があるならまだしも、唐突に「私は全てを見ていました」の一言で済ませる大味さね。
それでもピーターとの共闘には熱い物があったのに絶命。これまた不憫であり映画「スパイダーマン」シリーズのハリーは、結局のところピーターの引き立て役でしかなったのだ。

 

まぁなんにしてもサム・ライミ版の映画「スパイダーマン」シリーズはこれで完全終了。
一応リブート物として「アメイジング・スパイダーマン」シリーズもあるけど、アレはアレで別物だからね。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ファンタジー, 23:03
-, -