スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「アイデンティティー(2003)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「アイデンティティー」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

激しい豪雨の中、人里離れた一軒のモーテルに導かれるように集まった11人の男女。

凄惨な事件が連続する中、犯人だと目された囚人も何者かの手にかけられてしまう。現場にはカウントダウンをするかの如く、部屋番号付きのルームキーが残されていて……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ジェームズ・マンゴールド

 

出演 ジョン・キューザック

   レイ・リオッタ

   アマンダ・ピート

   ジョン・ホークス

   レイラ・ケンズル

   アルフレッド・モリーナ

   ホームズ・オズボーン

   レベッカ・デモーネイ

   ウィリアム・リー・スコット

   ジェイク・ビジー

   プルイット・テイラー・ヴィンス

   ブレット・ローア

 

 

陸の孤島・モーテル

 

映画「アイデンティティー」で大雨の中、何かに導かれるようにしてモーテルに集まった11人の男女は以下の通り。

  • 女優のカロラインマネージャーで元刑事のエド
  • 父ジョージ母アリス息子ティミーの一家
  • 警官ロードと護送中の囚人ロバート
  • ルージニーの超新婚夫婦
  • 娼婦のパリスに、モーテル管理人のラリー

周囲の道路は浸水する中、陸の孤島と化したモーテルで発生した連続事件。

 

まず映画「アイデンティティー」ではカロラインの頭部が洗濯機の中で発見され、逃亡した囚人ロバートの仕業だと決めつける一同。「こんな所にいられるか!!私は部屋に戻るぞ!!」とフラグを吐いたジニーを追いかけたルーも何者かによってメッタ刺しに。

 

しかしロバートもバットを口から突っ込まれて絶命。その後、ラリーが実は管理人ではないと判明し疑われ、車で逃走しようとした際にジョージを跳ね飛ばしてしまう
ラリーの怪しさが深まる一方、ロードの服には撃たれたような跡があり、コイツの言動も怪しい……。

 

モーテルに来る前に事故に遭っていたアリスは遂に息絶え、逃げ出そうとしたジニーとティミーは車の大爆発に巻き込まれてしまう。

この映画「アイデンティティー」のモーテルの事件では、全ての現場には意味ありげにルームキーが残されていて、その上犠牲者の亡骸は消滅していて。と、事態はどんどん不可解な方向に。

 

一方、四年前の連続事件で極刑を言い渡されている囚人・マルコムは、刑執行の前日になにかの会議にかけられていて……。

 


まさかの脳内サバイバル

 

映画「アイデンティティー」の真相としては、どんでん返しとまではいかなくても二重の驚きが明らかになる。

 

全員が5月10日生まれで、州の名前が含まれた名前であるという、天文学的な確率の共通点を持つ人物たち……。
実はこの映画「アイデンティティー」のモーテルでの事件は、全て“四年前に六人が犠牲になった事件”の犯人であるマルコムの脳内で行われている出来事。

 

この映画「アイデンティティー」のマルコムは解離性人格障害(多重人格)持ちであり、モーテルの人物全てがマルコムの持つ複数の人格だったのだ。
そしてマルコムの中の“四年前の事件の犯人の人格を抹消させるため”に開かれた会議こそ、あの会議。

 

まぁ多分医者が力を尽くして、マイケルの脳内に全員の人格を集めて脳内サバイバルをさせたんだろう。つまり映画「アイデンティティー」のモーテル事件での犠牲になった人物は、マルコムの中で抹消された人格って事だね。

 

この事実に気が付いた人格・エドは、ロードこそ四年前の事件の犯人だと確信し、相打ちに。映画「アイデンティティー」ではこれによって四年前の事件の犯人の人格は抹消されたことになり、マルコムは極刑を免れ入院措置に。
映画「アイデンティティー」のマルコムの中にはモーテルで生き延びた唯一の人格パリスだけが残ったように思えたが……。

 

護送される途中マルコムの脳内で理想通り農園の手入れをするパリス。しかしパリスはそこに現れたティミーによって始末されてしまう。
そう。四年前の事件の犯人は、ロードではなくこの少年ティミーだったのだ。

 


映画「アイデンティティー」ラストシーン・感想

 

パリスが抹消され、シリアルキラーであるティミーの人格だけが残ってしまったマルコムは、護送官に襲い掛かるのだった。


典型的なクローズド・サークル系ミステリと思わせつつ、脳内サバイバルだった映画「アイデンティティー」そりゃ脳内だったら究極のクローズドだよねw

 

自分はこの映画「アイデンティティー」での車の爆発後、体が見つからなかった時点でジニーかティミーのどっちかが犯人だろうとは予想していた。
そしてエドの意識障害フラグを見るに、エドが四年前の事件の担当刑事だったんじゃないかと予想してたんだけど……まさかモーテル内での出来事が脳内サバイバルとはね。

 

なるほど。だからこそ映画「アイデンティティー」の冒頭では、登場人物全員示し合わせたようにあのモーテルへと導かれたのだ。


さらに映画「アイデンティティー」でのモーテルでの出来事を観返してみると、犠牲者が出る直前にティミーがふらっと姿を消してる部分もあるし、両親の事故についてはティミーがきっかけを作ったような物。
ジニーの首だけが洗濯機に入れられてたのも、子供の力では体を運べないからだろう。

 

あと映画「アイデンティティー」の途中で冷凍庫に吊るされた管理人を見せたのは、子供の力じゃ無理じゃね?と思わせてティミー犯人説を視聴者の推理から外すためのミスリードだろう。あの時点ではラリーの言い分は真偽不明だったわけだしね。

 

冒頭のマルコムテープの証言で虐待されていた子供、売春婦の母親、なんて単語が飛び出したのも、モーテルに集まった人物がマルコムの生み出した人格であるという根拠でもあったのだ。

 

そんな感じで観返すほどに細かい点に合点がいく映画「アイデンティティー」
個人的に多重人格ネタはよっぽどの整合性がないと納得できない派だが、この映画「アイデンティティー」は点と点が線になる爽快感が気持ちよくて、充分満足できる映画だったのだ。

 

それにしても車の爆破後にニヤリと立ち去るティミーの無駄なカッコよさwあのシーンは映画「アイデンティティー」の中でやたらギャグっぽくて笑ってしまった。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ミステリー, 22:08
-, -