映画「28週後... (2007)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「28週後... (2007)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「28週後... (2007)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「28日後...」シリーズの第二弾。

人間を凶暴化させる“RAGEウイルス”の猛威が収まり、復興計画が始まったイギリス。スペイン旅行中でウイルスの難を逃れたタミーとアンディの姉弟は、父親のドンと再会を果たす。しかし感染を逃れたドンには子どもたちに言えない秘密があった。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ファン・カルロス・フレスナディージョ

 

出演 ロバート・カーライル

   イモージェン・プーツ

   マッキントッシュ・マグルトン

   キャサリン・マコーマック

   ジェレミー・レナー

   ローズ・バーン

   イドリス・エルバ

   ハロルド・ペリノー・Jr

 

 

 

 

大迷惑一家!!

 

前作映画「28日後...」でイギリス中に蔓延したレトロ・ウイルス。このウイルスの感染者は人を襲うゾンビ的な何かに変貌するのだが、映画「28日後...」での感染者は5週間後に餓えて全滅。
そしてこの映画「28週後... 」では最初の感染から28週後が舞台。住民たちをロンドンの一角の安全区域に隔離して生活の復興を始めようとする米軍だったが、ここで思わぬ誤算が。

 

その誤算というのが何を隠そう、この映画「28週後... 」の主人公・ハリス一家だったのだ!!

 

映画「28週後... 」でハリス家の主・ドンさんは、パンデミック中に妻・アリスを見捨てて一人逃走。何とか助かって復興地区の建物の責任者という重役に。
修学旅行中で助かった娘のタミーと息子のアンディは、保護区域内でドンと共に生活し始めるも、ドンの目を盗んで勝手に自宅に戻るトラブルメーカーぶりをいきなり発揮。

 

そんな自宅で見つけたのは、何とか生き延びていたアリスの姿。
アリスを保護した米軍によると、どうやら彼女はレトロ・ウイルスの免疫を持つ特殊な体質で、感染しても発症を免れているのだと言う。

 

映画「28週後... 」で厳重に隔離されたアリスだったが、そこへ建物の責任者権限をいかんなく発揮して忍び込んだドンがとった行為は……まさかのディープキス!!
そんなアホな行為によって案の定感染者となったドンは、保護区域内のパンデミックの引き金となる圧倒的トラブルメーカーぶりを見せつけてくるのだ。

 

アリスに襲い掛かって顔グチャにしたドンさんは次々と住民に襲い掛かり、映画「28週後... 」の保護地区内は阿鼻叫喚の地獄絵図に。
前作映画「28日後...」に引き続き、相変わらず超アグレッシブな感染者たちは、獲物を見つけるや否やスプリンター並みの全力疾走を見せる大ハッスルぶり。

 

そんな大量の感染者を目にし、感染・非感染に関わらず住民の殲滅作戦に乗り出した米軍。しかしその無慈悲な作戦を前に良心の呵責に苛まれたドイル軍曹とスカーレット軍医は、タミーとアンディを守るために奔走するのだった。

 


粘着パパ

 

ドイル軍曹の体を張った援護により、米軍の焼夷弾爆撃や毒ガス攻撃をかいくぐって暗闇の駅にたどり着いた三人を待ち構えていたのは……そう、感染者と化したドンさん。
実はこのドンさん。映画「28週後... 」では感染後も子供たちにご執心で、「絶対俺が始末する!!」とばかりに粘着ストーカー。

 

しかもこのドンさん。ドイルの射撃や至近距離からの発砲を受けて息絶えたかと思いきや知らない間に復活し、ドイル達があれだけ苦労して切り抜けた焼夷弾攻撃や毒ガス攻撃を知らぬ間にかいくぐり、スカーレットが車で爆走した駅までの道のりを知らぬ間に先回りするという、とんでもない執着心とフィジカルの持ち主なのだ!!

 

……あぁもうその身体とメンタルのタフさは、感染前に発揮してほしかったよw

 

そうして先回りしたドンさんはスカーレットに襲い掛かり彼女を絶命させると、アンディにまで襲い掛かるのだった。

 


映画「28週後... 」ラストシーン・感想

 

ドンがフラッシュバックを起こした瞬のスキをついて、彼を倒したタミー。アンディはアリスの体質を受け継いでいたおかげで、感染するも発症は免れていた。
二人はドイル軍曹の友人、フリンが操縦するヘリに乗り込み海峡を越えイギリスを脱出。
しかし後日、パリの街を全力疾走する大量の感染者たちが映し出されるのだった。

 


アンディの免疫でどうにか特効薬ができるかと思いきや、逆にアンディがフランスにウイルスを飛び火させたかのようなラストの映画「28週後... 」
島国のイギリスと違ってフランスで流行すれば世界中に感染待ったなしだし、ホント大迷惑一家だなコイツらw

 

ちなみに映画「28週後... 」でのハリス家の行動として、アリスの体質のせいでウイルスが生き延びていた子供たちの身勝手によりアリスが発見される(発見されていなければ餓えて息絶えていた可能性大)ドンの身勝手なディープキスによって感染アンディの体質によってウイルスが海を渡る世界的パンデミックになる(多分)

 

と、これはもう擁護のしようがないw大迷惑一家が見せる華麗な連係プレーによる、人類滅亡への第一歩だねw
正直映画「28週後... 」を見てる最中は、あまりにもハリス一家が迷惑家族過ぎて米軍を応援してしまっていたw
「アンディは希望の星なの!!」って主張のスカーレットだったけど、希望の星どころか人類の存続を揺るがす大迷惑な存在でしかなかったのだ。

 

そんな迷惑一家要素以外にも、米軍の施設管理のガバガバさとか、なぜ民間人のドンが米軍の重要な隔離室に入れるほどの権限を持つ責任者になれたのかとか、感染前のドンのどこをどう見たらそんな重要な役を任せようと思うのかとか、感染後のドンの無敵っぷりとか、突っ込みどころしかない映画「28週後... 」

 

前作映画「28日後...」と比べてやたらド派手な爆破アクションなんかで、一見スケールは大きくなったかのような印象だけど、その派手さについてこれない陳腐なストーリーのせいで却ってB級映画臭が増しているのも映画「28週後... 」の悲しい所。

 

ただ個人的に映画「28週後... 」は、あまりの突っ込みどころの多さとそれに伴う謎の中毒性のせいで、一周回ってネタ映画に認定していいんではないかと思ってしまうのだった。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・パニック, 23:30
-, -