恐竜の頭蓋骨は超耐火性 映画「センター・オブ・ジ・アース(2008)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

恐竜の頭蓋骨は超耐火性 映画「センター・オブ・ジ・アース(2008)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「センター・オブ・ジ・アース」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「センター・オブ・ジ・アース」シリーズ第一弾!!

兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバーは、甥っ子のショーンを預かるが、ぶっきらぼうで何ごとにも無関心なショーンに困り果ててしまう。

そんな二人は過去に取り付けたアイスランドの地震調査装置の異常を確かめるため現地に向かうが、激しい落雷に襲われ洞窟に避難する。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 エリック・ブレヴィグ

 

出演 ブレンダン・フレイザー

   ジョシュ・ハッチャーソン

   アニタ・ブリエム

   ジャン・ミシェル・パレ

   ジェーン・ウィラー

   セス・マイヤーズ

 

 

 

 

マックスの足取りをたどれ!!

 

映画「センター・オブ・ジ・アース」で地底世界の存在を信じる大学教授のトレバーは、同じく地底世界を研究中に消息を絶った兄マックスの遺品から謎のメモを発見。
さらに、火山の活動パターンが10年前にマックスがいなくなった時と全く同じ!!

 

って事で、甥っ子のショーンと共にアイスランドへ向かったトレバー。美人ガイドのハンナを引き連れてマックスの足取りをたどるも、アクシデントにより炭坑跡に閉じ込められてしまう。

 

炭坑でトロッコをジェットコースターのように乗りこなし、巨大宝石の原石まで手に入れたショーンだったが、脆い地盤によって落下。
しかし映画「センター・オブ・ジ・アース」ではこの落下が尋常じゃないレベルの大落下!!どうやらこれこそが地底世界への入り口だったようで、三人は数百キロの距離を落下した末、地底湖に着水したのだった。

 


何でもありの地底世界

 

そうして映画「センター・オブ・ジ・アース」でたどり着いた地底には、絶滅したとされる光る小鳥巨大食虫直物狂暴な肉食魚やそれをエサにする巨大水竜磁気を帯びて宙に浮く岩など、もう何でもありのトンデモ世界

 

ITっ子のショーン君もつい目を光らせてしまう幻想的な世界だったが、そこで発見したのはマックスの手記や所持品、そして亡骸…。
どうやらマックスは地底世界を探索中、火山活動に伴う気温上昇から逃げきれずに命を落としてしまったようなのだ。

 

迫りくる温度上昇を前に、マックスの記録を元に地底海を越えて間欠泉で地上へ脱出を試みるトレバー達。
映画「センター・オブ・ジ・アース」ではぐれてしまったショーンを見つけ出したトレバーだったが……そこへ現れたのはまさかのティラノサウルスw

 

……いやもう、ホントなんでもありだねw

 

映画「センター・オブ・ジ・アース」でティラノサウルスの下顎の骨を船として遂に川にたどり着いたトレバー達だったが、既に間欠泉の水は枯れていたのだった。

 


映画「センター・オブ・ジ・アース」ラストシーン・感想

 

トレバーは水脈付近の岩盤をマグネシウム爆発で破壊すると、噴き出した水が溶岩で蒸発し、間欠泉となって一気に地上まで噴出し、イタリアのヴェスビオ火山から飛び出した三人。
後日、研究室を拡張させたトレバーは、ショーンに新たな探索の話を持ち掛けるのだった。

 


アドベンチャー映画と言うよりも、アトラクション映画に近かった映画「センター・オブ・ジ・アース」
ストーリーとしては大人も子供も楽しめるタイプの家族向け映画として、超絶予定調和なのは否めないものの、疲れてる時なんかに頭を使わずボーっと見るのには打ってつけなんじゃないかなぁと。

 

全体的にコメディ臭溢れる作風で、冒険してる感よりも楽しみながら遊んでる感の方が強かった。
ヴェスヴィオ火山から飛び出すシーンなんか最早ギャグだからねw

大分序盤からほのぼの路線をひた走ってたし、全員助かるのは目に見えてたのでハラハラドキドキの冒険ではなくて、安心感溢れる、どことなくまったりとした映画「センター・オブ・ジ・アース」だったのだ。

 

映画「センター・オブ・ジ・アース」は登場人物たちも、ファンタジーやアドベンチャー物として超王道の擬似家族系。
それでもショーンとマックスの触れ合いなんかは、ベタながらに心温まるものがあった。

 

なぜか通じる携帯とか、なぜか導いてくれる有能小鳥とか、なんで恐竜おるねんとか、数百キロを飛ばす勢いの間欠泉とか熱すぎて恐竜の骨も燃え尽きちゃうだろ、なーんて、リアリティを求めるなら全てに突っ込みを入れられそうな映画「センター・オブ・ジ・アース」だけど、そこは子供の頃に夢見たファンタジックな世界をそのまま映像にしたような映画だからね。

 

そもそも原作自体が1864年のSF小説「地底旅行」という、夢物語のような話なんだし、エンタメ性に全振りしたかのような映画「センター・オブ・ジ・アース」に、リアリティ云々で突っ込むのは野暮なんだろう。
ただただ純粋に観て、純粋に楽しんだもの勝ちの映画映画「センター・オブ・ジ・アース」だったのだ。

 

ちなみに映画「センター・オブ・ジ・アース」でちゃっかりダイヤの原石をくすねていたショーン君。そのおかげでトレバーの研究所も拡張できたみたいだし、やっぱ世の中って金ですわ。

 

続編は→映画「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島

 

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・SF, 23:54
-, -