スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「トランス(2013)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「トランス(2013)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

アート競売人のサイモンはギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。

しかし計画外の動きを見せた彼はギャングのリーダーに暴行され、それが原因で絵画の隠し場所の記憶をなくしてしまう。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ダニー・ボイル

 

出演 ジェームズ・マカヴォイ

   ロザリオ・ドーソン

   ヴァンサン・カッセル

   ダニー・スパーニ

   マット・クロス

   ワハブ・シーク

   

 

 

 

記憶を失くした男

 

絵画のありかを思い出すための催眠療法で療法士のエリザベス(ロザリオ・ドーソン)と出会ってしまったサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)。

映画「トランス」では、このエリザベスが中々のくせ者。


絵画強盗を知って自分も仲間に入れろと言い出す度胸や、フランクともサイモンとも関係を持つ魔性の女エリザベス。

しかもエリザベスは何故かサイモンの好みを知っていて…。

 


おっとここでネタばらし

 

謎が謎呼ぶ話の真相を、エリザベスさんが懇切丁寧に解説してくれた映画「トランス」

 

この映画「トランス」の「さぁここからがネタばらしですよ!!」とばかりに潔い程に解決編に切り替わっていくスタイルは、嫌いじゃないけど好きにもなれなかった。
もうちょっと自然にネタばらしできないのかな。

 

って事でサイモンの行動としては、

  • ギャンブル依存の治療でエリザベスと出会って深い中に
  • エリザベスへのヤンデレストーカーと化す
  • エリザベスはサイモンの記憶を消去。ついでに絵画を盗ませる
  • フランクからの殴打で記憶が中途半端に蘇り、思い込みで一般女性に手をかける
  • そして病院で目覚める

って感じ。そして映画「トランス」ではサイモン亡き後のフランクには「全て私が仕組んだことだったのよ、ウフフ」とエリザベスが更なるネタばらし。

 


映画「トランス」ラストシーン・感想

 

エリザベスからの小包で、全てが彼女の企みだったと知ったフランク。
エリザベスはタブレット内の映像で「全てを忘れたいならここをタッチして」と語るも、フランクはエリザベスを忘れ去ることを躊躇するのだった。

 


映画「トランス」で、「私のこと忘れさせるついでに絵画を盗ませたろ!!」って発想になるエリザベスさん。思考と行動が突飛すぎてついていけないんだけど、慰謝料かなんかのつもりか?

 

というか、映画「トランス」で一番気になったのは、エリザベスが事件後にサイモンの事をネットで調べて泣き出すのはどんな心境からなんだ?って点。
本当にやるとは思わなかった……って後悔なのか?でも自分がサイモンに絵画を強奪するように仕向けて、当日にメールまで送ってた訳じゃん?


そう考えるとあの涙は歓喜の涙なのか?

あっ!!映画「トランス」で事件後初めてサイモンが治療に来た時に、エリザベスと思い込んでヤってしまった女性の事も全て白状したから罪の意識に苛まれたとか?


……いやでもあの時はフランクの盗聴器ついてたし、なんにしても自分が仕向けた事なのにサイモンをネット検索して絵画強奪事件を知った、ってのが不思議すぎるんだよな。

 

あとフランクに関しては車から脱出した後に謎プールに浸かってたのは何だったの?その後エリザベスから小包が届くシーンはまんまサイモンがトランスかけられた時の状況だし、あれはフランクもエリザベスによって何らかの催眠にかけられてたって事なの?

 

あとさぁ、カッターで雑に切り取られた絵画って相当価値が下がるだろうし、なにより映画「トランス」では腐乱臭が染みついててヤバそう……。
腐乱臭を漂わせる絵画を部屋に飾って喜ぶエリザベスさん。ホント価値観が分かんないっす。

 

つーか映画「トランス」でこんなに催眠が効くなら、サイモンの執着ストーカー気質の治療すればいいのに…。
なんかもう催眠が万能すぎて、エリザベスが全く関係ないサイモンの記憶を操作しただけ、って話でもおかしくない気がしてきた。

 

サイモンがギャンブル依存症で治療に来たところまでは本当で、その後のエリザベスとの記憶をねつ造&消去。そしてエリザベスは初めからサイモンを始末するつもりだった。さらにはフランク一味も全員事前に都合のいいように催眠にかけていた。とかね。

 

映画「トランス」内での催眠の何でもあり具合と、ラストでエリザベスが見せた悪女っぷりを考慮すると、そんな話もありなのかなぁと……。

 

まぁそんな風に細かい点が色々と気になる点が多かった映画「トランス」だけど、実は結構面白く観れた。というのも映画「トランス」では催眠による“現実なのかトランス中なのか分からない”って点と、“誰が本当のことを言っていて誰が嘘をついているのか分からない”世界観と絶妙にマッチしているように見えて、惹きこまれてしまったからだ。


「こまけぇ事は気にすんな!!」精神持ちの視聴者だったら相当満足できると思うよ。きっと。

 

特に映画「トランス」ではトランス中の不思議な精神世界の描かれ方が上手くて、その非現実的さとスタイリッシュさが秀逸。
個人的に雰囲気オシャレ映画は苦手なんだけど、この映画「トランス」のおしゃれ感をすんなり受け入れられたのはトランス状態の描写が素晴らしかったからなんだろう。

 

しかし映画「トランス」のサイモンのパ〇パンに対する強烈なこだわりよ……wパイ〇ンが物語の謎を解く一つの伏線になっていたのはさすがに笑う。

サイモン「なぜ僕がパイ〇ン好きだと知っている!?」だけでも笑えるのに「ゴアは毛を描くようになったからクソ」って主張にも笑いを禁じ得なかったのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ミステリー, 21:58
-, -