スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「シン・ゴジラ(2016)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「シン・ゴジラ」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

東京湾アクアトンネル崩落事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。

その後、海上に巨大不明生物が出現。巨大生物は鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

監督 庵野秀明

 

出演 長谷川博己

   竹野内豊

   石原さとみ

   大杉漣

   柄本明

   渡辺哲

   高良健吾

   津田寛治

   市川実日子

   塚本晋也

   高橋一生

   

 

 

 

会議コント

 

序盤のお役所仕事感や責任の所在を曖昧にして現代の政治を皮肉るような、会議会議、とにかく会議!!なコミカルな流れは面白おかしく眺められたんだけど、さすがにこの会議コントが長すぎ。映画「シン・ゴジラ」の半分はこの会議コントと言っても過言ではないだろう。

映画「シン・ゴジラ」はまさに「事件は現場で起こっているんじゃない!!会議室で起こっているんだ!!」な映画。

 


敵はアメリカ!!

 

ゴジラの存在を知りつつ隠匿していたアメリカからすれば、日本でのゴジラ事件はさっさと終わってほしい厄介事。
映画「シン・ゴジラ」ではゴジラを全力攻撃して覚醒させたのも米軍だし、ほんとアメリカさんはもう……。

そして手をこまねいている日本政府を尻目に

 

アメリカ「核使おうぜwww」
国連安保理「おっけー!!」
日本の臨時総理「しゃーない。」

 

と、日本の首都東京への核爆弾投下計画が着々と進んでしまう。
そんな中停止したゴジラを前に、巨大不明生物防災大臣である矢口はヤシオリ作戦と名付けたゴジラ凍結計画を進めるのだった。

 


映画「シン・ゴジラ」ラストシーン・感想

 

電車爆弾を突撃させ、無人ヘリを囮にしてゴジラに熱を放出させると、ビルを爆破して崩壊に巻き込む形でゴジラを横倒しに。
その口から凝固剤を投与。ゴジラは最後の力を振り絞ったもののまもなく停止。
ヤシオリ作戦は成功したが、ゴジラが再度動き出した場合には核攻撃のカウントが再開されるというのだった。

 


個人的にはゴジラにはもっと暴れまわってほしかったし、暴れまわるシーンを見たかった
一応映画「シン・ゴジラ」では東京都心の中心部、日本のド真ん中を破壊しまくってはいるんだけど、ビーム一発の後に焼野原がダイジェスト風味で流されるばっかり。

 

そもそも映画「シン・ゴジラ」では、ゴジラの登場シーン少なすぎぃ……。
豪華なキャストが〜見たいな触れ込みも多々あったけど、そんなちょっと出に豪華キャスト使うくらいならもっとゴジラによる破壊CGに予算回してくれよ。


ほんと映画「シン・ゴジラ」でのゴジラさんは動いてるよりも止まってる時間の方が長かったんじゃないの?ってくらい動くゴジラが印象に残らない。

 

映画「シン・ゴジラ」におけるゴジラの存在は、政治ドラマを盛り上げるためのスパイスに過ぎなかったのだ!!

 

きっと映画「シン・ゴジラ」はそのメッセージ性を読み取って、日本のネチネチ・ウジウジ・クドクドした人間模様の政治ドラマを楽しく見れる人たちには打ってつけなんじゃないのかな。うん。
思慮浅な自分にはどうも話が上滑りしてしまって、物語に惹きこまれることがなかったのだ。

 

そして映画「シン・ゴジラ」を見てて一番気になったのが、人物や場所、兵器なんかが登場する度に出される役職と名前のテロップ。始めはエヴァ風味で面白くもあったが、最後の最後まで延々と続けるクドさにもうウンザリ。


映画「シン・ゴジラ」がエヴァ風味ってのは知ってたけどさぁ、エヴァに大した思い入れのない身からすると、このクドさに内輪ノリのような薄ら寒さまで感じてしまった。

 

個人的に映画「シン・ゴジラ」ではこの“始めは面白いけど延々と続けてクドくなる”って演出が多かった気が。
会議コント然り石原さとみのルー語然りエヴァのBGM然りエヴァ風テロップ然り……どの辺りのシーンを取り出してみても、このうちの一つの要素は入ってるからこそ、画面に代り映えがしなさ過ぎてね……。

 

ラストでは停止したゴジラの尻尾に、何やら人間の形をした無数の物体が…。
映画「シン・ゴジラ」ではマキ博士の真意も明らかにはなってないし、大ヒットを受けてこれから作られるであろう続編でその辺の謎が明らかになるんだろうね。きっと。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・パニック, 17:36
-, -