映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第二弾!!

前作の舞台から三年後。結婚を控えたウィルとエリザベスだったが、キャプテン・ジャック・スパロウを逃がした罪で捕らえられてしまう。

ベケット卿にジャックの持つコンパスを手に入れる様に指示されたウィルは、エリザベスを救うべくジャックと再会するも、ジャックの作戦に嵌められてしまい……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 ゴア・ヴァービンスキー

 

出演 ジョニー・デップ

   オーランド・ブルーム 

   キーラ・ナイトレイ

   ビル・ナイ

   ステラン・スカルスガルド

   ジャック・ダヴェンポート

   ジョナサン・プライス

   ケヴィン・マクナリー

   ナオミ・ハリス

   トム・ホランダー

   

 

 

 

一作目より優れた続編なぞ存在しねぇ!!

 

かの有名なジャギの発言は間違いではなかったと体現してくれた映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」


なんでこんなにシーンごとにブツ切りなんだろう……。一作目である映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」と比べて相当テンポが悪くなっているね。

 

とりあえずこの映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」では、ウィルの父親ビル・ターナーが生きていたものの、フジツボ人間と化して“デイヴィ・ジョーンズ”の下で超ブラック労働を強いられていたとかそんな感じのお話。
んで、皆が皆このデイヴィ・ジョーンズの心臓“デッドマンズ・チェスト”を欲しがっているのだ。

 

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」ではまず、序盤でジャックが人食い族のいるカリブの島から逃げる話のノリが、薄ら寒いドタバタコメディで頂けなかった……。
コメディの受け取り方は人それぞれだろうけど、個人的には痛寒いノリにしか思えなくてこの“食人族の島編”で既に映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」に対する興味を失ってしまった。

 

この“食人族がいるカリブ海の島”の話はブツ切りすぎるし、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」での後の展開にほとんど関係ないしで冗長にしか見えない。


冒険ファンタジー映画としては、視覚的に楽しませるために必要なシーンだったのかもしれないが、ハッキリ言って丸々カットでも良かった。いや、むしろテンポを考えるとカットして欲しかった。

 

そして映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」では前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」と比べると、登場人物のキャラクターが全員絶妙に改悪されてる感が否めない。
キャラクターに深みを持たせるために“人間の一筋縄にはいかない感情”を押し出してるのかもしれないけど、個人的には改悪としか思えない。


パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」ではその個性あふれるキャラクターたちが一番の魅力だっただけに、この改悪は残念としか言いようがないのだ。

 

ジャック・スパロウは「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」ではその良い意味での狡猾さが魅力だったのに、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」では常に怯えていて卑屈で私欲のために動いているように見えてしまって残念。

 

ノリントン提督も「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のラストで潔くエリザベスを諦めた男とは思えないほどの凋落ぶり
あれだけ苦労して心臓をGETしたものの、結局やることはベケット卿に媚び売って助かろうとするだけって小物すぎませんかねぇ。
どうせ私欲に走るなら、心臓をもっと壮大な計画のために使うくらいしてほしかった。世界征服でもなんでもいいからさぁ……。

 

ついでに映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」では、エリザベスまでジャックに心変わりしそうになるフラフラ系ヒロインに成り下がってしまってそこも残念。
エリザベスには映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのキャラクターの中で一番男気のある性格でいてほしかったんだけどね。

 

残念ながら心は完全にジャックの方に傾いてしまったようで、ジャックを船につないだのもそんな自分の心変わりが許せないからこそジャックがいなくなってくれれば…!!って気持ちがあったのかも知れない。

 

しかしいつの時代でも乙女心は揺れ動くものだから仕方ないね。って事でエリザベスはもう皆の共有ヒロインとなって3Pでも4Pでもしちゃえばいいんじゃないですかな。えぇ。

 

そんな感じで映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」では、ことキャラクターに関しては全員がフラフラ動いて、ディズニー映画らしい爽やかさが微塵も感じられなかった。
 

そんな揺れ動くコンパスのような心のフラフラ加減こそがこの映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」のテーマだったのかもしれないけど、やっぱり爽快感もへったくれもなくフラストレーションしか溜まらないのだ。

 

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」では、戦いの熱さも足りない。ジャック、ウィル、ノリントンの三つ巴の戦いでも、序盤の島でのような薄ら寒いノリの再来についていけなかったし、唯一熱い戦いだったウィルの指揮によるクラーケン戦も短いしさぁ。

 

なんの完結もしていないラストに関しては、続編商法だと最初から分かっていたから特に気にならなかったかな。
基本は映画は一作で完結してほしいと思ってるんだけどね。

 

そんな不満しか溜まらなかった映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」だからこそ、続編の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」で全ての歯車がかみ合ってカタルシスを得られるのか…。


どうやらバルボッサも生きていて次回は味方ポジションになるようだし、続編商法の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」だからこそ、続編での完結の仕方を楽しみにしたいところだね。

 

と言うか、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」は面白さの欠片もなかったから、続編「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の行方ぐらいにしか期待ができないのだ。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ファンタジー, 16:25
-, -