映画「怪盗グルーの月どろぼう(2010)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「怪盗グルーの月どろぼう(2010)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「怪盗グルーの月どろぼう」の感想など(ネタバレあり)

≪あらすじ≫

映画「怪盗グルー」シリーズ第一弾!!
“世界最高の強盗”の名を狙うグルー。子分たちのミニオン軍団を使い、月を盗み取るという今世紀最大の計画を練るも、孤児の三姉妹と出会い、グルーの心は揺れる。

 

以下ネタバレOKの方はスクロールを






監督 ピエール・コフィン
   クリス・ルノー










怪盗グルーとミニオンたち

映画「怪盗グルーの月どろぼう」で、謎の生き物ミニオン達はなぜかみんなグルーを尊敬してる。グルーはミニオンの名前覚えてるみたいだが地味にすごい。
そもそもなんでミニオン達が労働力としてグルーのもとにいるのかは分からないんだけど、それでもとにかく可愛い。


小さい者たちが集まって働くのはなぜか可愛いのだ。ピクミンに共通するところがある。基本みんな自由だし。
男の子のためにつっくったバルーンアートを目の前で割ったりして、映画「怪盗グルーの月どろぼう」での序盤のグルーはただただ純粋に性格が悪い。
行列に並びたくないために人間を凍らせちゃうしね。

しかしこの映画「怪盗グルーの月どろぼう」の世界では月を盗んでなんの意味があるんだ?
ピラミッド盗んでどうなる。英雄扱いされてるけど、知名度が上がったとしてもどこからギャラが発生するんだ?
それに自分の顔が乗った新聞を家に飾ってるし、怪盗として顔バレしてるんだよね。
でもそんな細かいことはどうでもいい!とりあえずグルーは怪盗で、ベクターよりも有名になりたいがために月を狙うのだった。

細かいネタも面白い「怪盗グルーの月どろぼう」。万里の長城の警備で中国軍が鳥でさえ撃ち落としたり、悪党銀行が実は普通の銀行の中にあったり。
地図的には北海道に秘密基地があって秘密危機を開発してるんだけど、これって明らかに北朝鮮だよね!
ここで縮ませ光線銃を作っているわけだが、それなしでピラミッド盗んだベクターってすごくね?


三人娘とグルー

まず三人の入っている施設がひどい。クッキーの売上ノルマが達成できないと段ボール箱に閉じ込められる、普通なら通報もののこの施設。


グルーはベクターから縮ませ銃を奪い返すためだけに三人の里子を引き受ける。
長女・しっかり者マーゴ、次女・個性派イディス、三女・甘えん坊アグネスの三人娘。
上の二人は初対面でグルーを見て引いてるのに、三女のアグネスはいきなりなつく。確かに小さい子ってこんな感じ。
グルーは三人とは距離を置いてルールを決める。泣くな!笑うな!とかポルポトかな?
計画が済んだあと三人を遊園地に置き去りにしようとするが、結局一緒に遊んでしまうグルー

「怪盗グルーの月どろぼう」では、一緒に過ごすうちに情がわいてほだされていく様子が微笑ましい。
実はグルーで昔から厳しい母親になかなか認めてもらえなかった。そのせいで性格がねじ曲がってしまったのだ。


それでも昔の写真をしっかり取っておいたりと、母親はグルーのことをちゃんと愛していたんです。
もう終盤には完全に愛情が芽生えてて、バレエの発表会のために月泥棒を延期しようとまでする様に。


「怪盗グルーの月どろぼう」ラストシーン・感想

ネファリオ博士の連絡によって三人娘は施設に戻される。
グルーは自作のロケットで宇宙に向かう。無事月を手に入れ、何とか発表会に間に合うように急いで三人のもとに向かう。
しかし間に合わず、ベクターに三人を人質にとられてしまう。縮ませ銃の効果は永続的ではなく、月も元の大きさに戻ろうとしていた。


飛行機に乗せられた三人をグルーとミニオンが協力して助け出す。ベクターは月と一緒に宇宙へ飛び出してしまう。
ベクターは自作のユニコーンの絵本を三人に読み聞かせ、三人におやすみのキスをする。
ミニオンやグルーの前でバレエの発表会をする三人。しかしミニオンのいたずらで曲が変わり、ダンスパーティーと化したのだった。

 


とにかくミニオン達が可愛くてほのぼのさせられる映画「怪盗グルーの月どろぼう」。細かい描写がたくさんあって書ききれない。ミニオン達はエンディングにまでしっかり出演しているし。
そして最後の自作絵本の読み聞かせがすごく感動的。
母親からも認められて、グルーも人の心を取り戻したしでハッピーエンドを素直に喜べる作品

 

この映画「怪盗グルーの月どろぼう」でツンデレだったグルーがデレッデレになっちゃう続編は→映画「怪盗グルーのミニオン危機一髪

ミニオン達が大活躍するスピンオフ映画は→「ミニオンズ(2015)

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アニメ, 17:27
-, -