海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン5」(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン5」(ネタバレあり)

スポンサーリンク

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン5」の感想など

 

第11話〜第13話

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキング・デッド シーズン5 第11話

 

人間かと警戒したらウォーカーだった時の安心感wやっぱ一番の脅威は人間なのだ。
そんなわけだからリックはコミュニティー・アレクサンドリアに迎え入れたいと言うアーロンを全く信用しない。

 

食人ハンターの尾行には気付いていたリック達だけど、今回気付かなかったのはさすがに消耗しすぎてたからか?
それともアーロンの尾行能力が優秀だからなのか?

 

とりあえずはアレクサンドリアに住み着きそうだけど、定住地ができるとそこが襲われるってのは定番の流れのこの世界。
何かしらの危険がアレクサンドリアに及ぶのは間違いだろう。

 

 

ウォーキング・デッド シーズン5 第12話

 

 

リック久しぶりの身支度に感動の回。ヒゲ化が著しかったリックがすっきりさっぱり。
今までの生活では考えられないような文化的生活ができることになったリック一行。

 

リックは警官の仕事を与えられ引き受けるが、さすがにもういきなり警戒を解いたりしないね。
何か起こったら自分たちが主導権を握ると言い、今までの乗っ取り精神は健在なのだ。

 

面接も録画されるし隠しておいた銃も無くなってるし、この町は監視社会なのかな?

 

キャロル「母親的な仕事をしていた。」って敵のアジトを大炎上させる活躍は“母親的仕事”って言わないと思います!!
弱くなりたくないと言うカールやキャロルだけど、そんなこと心配しなくでも大丈夫だよ!!多分すぐに戦いになるだろうから!!

 

 

ウォーキング・デッド シーズン5 第13話

 

 

リック、ダリル、キャロルの警戒心の三人は警戒心を解かないように確かめ合うが、ダリルは懐柔されかけてるよね。
リックも揺れてるみたいだが、銃は受け取る。

 

それに対して、キャロルの面接での受け答えは警戒心を見破られないためだったのだ。
この辺のキャロルはホント賢いよなぁ。初めて町に入った時にライフルを外すのに苦労してたのも、油断させるための演技だろうし。策士だなぁ。

 

キャロルに銃のことを口止めされた子供はもう一生のトラウマものだろう。子供にでも容赦しないなんて、初めのころとは別人みたいだ。

 

次→「ウォーキング・デッド シーズン5 エピソード14〜16

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:海外ドラマ:ウォーキング・デッド シーズン5, 16:21
-, -