スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン2」(ネタバレあり)

スポンサーリンク

海外ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン2」の感想

 

エピソード9〜12

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキング・デッド シーズン2 エピソード9

 

せっかく前回見なおしたのに、何で敵に対して「正直に自分がヤった!!仕方なかった!!」なんて言っちゃうんですかねぇリックさんは……。
やっぱりウォーカーより生きてる人間のほうが怖いじゃないですかー。銃持ってるし。

 

ローリは絶対シェーンと一緒になった方がいいよ。何回助けてもらってるんだよっていう
リックはリックでまーた厄介事の種になりそうなランダルを連れ帰っちゃうしさぁ…。

 

キャロルは旦那があんなんだったから、ダリルみたいな粗暴な男の扱いには慣れてるんだろうね。この二人はやっぱり恋愛関係になるんだろうか。
そうなると残るはTドッグさんだけお相手がいない状況に……。可哀そうなTドッグ……。

 

そして今回のローリの名言「ねぇアナタぁ…シェーンがキモいからヤっちゃってよ……」※要約

 


ウォーキング・デッド シーズン2 エピソード10

 

シェーン「いつもそうやって判断を先延ばしにする!!」ごもっとも!!
ただ一度は見捨てようとしたリックが、二人並んで死んでる保安官を見て思い直してシェーンを助けに行った展開はグッときた
ああいう細かいシーンでの心理描写すき。

 

アンドレアはローリに対してガチガチの正論言ってて笑える。
確かに何も失ってない人が言う希望なんて確かに誰も信じないのだ。自分も死にたがりを乗り越えたって分アンドレアの言い分のほうがまだ分かる

 

ローリに対しての“他人を利用する女王蜂”“旦那も子供もおなかの子もいるくせに”“ついでに愛人もね!!”って女特有の素晴らしいイヤミ。言いたいこと言ってくれてスッキリしたよアンドレアさん!!
キャットファイト好きとしてはたまらない。キャットファイトまでは言ってないけど、いずれそうなりそう。

 

この辺で視聴者のローリへのヘイト溜まりまくってるだろうし、やっぱり子供が産まれたら死ぬような展開なのかなぁ

 


ウォーキング・デッド シーズン2 エピソード11

 

もうみんな苛立ちまくって人間関係崩壊の回。デールの言う“文明”とか“法”もいまさらねぁ……。
ただ、始末してしまえばしまったで仲間内での争いの時に、エスカレートしそうだしなぁ。

 

一回理性のタガがはずれちゃった人間は中々元には戻れないだろうし。メインメンバーからは久々の犠牲者が。
デールが死んでしまって集団の中でのブレーキが無くなったわけだが、本当の意味でのグループ崩壊も近いだろうね。

 


ウォーキング・デッド シーズン2 エピソード12

 

デールを襲ったウォーカーは昼間にカールが弄んでいたウォーカーだったと判明。厄介事を持ち込む能力を見るに、カールの父親は間違いなくリックだね
そしてやっとローリの口から「父親は分からない」宣言が。さっさと言えよー。

 

ついに狂気が爆発しちゃったシェーン。ただリックにもダリルにも全部見透かされてるのが笑える
リックは遂に親友をやっちゃったけど、シェーンへの罪悪感から闇落ちしそうで怖いのだ。

 

シェーンが死後蘇ったけど、どういうこと??発症まで最大で8時間とか言ってたし、どっかで咬まれたのか?
それともさすがにマンネリ気味になってきたウォーカーさん達に、新設定という名のテコ入れがされたの??

 

次→「ウォーキング・デッド シーズン2 エピソード13(最終話)

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:海外ドラマ:ウォーキング・デッド シーズン2, 16:53
-, -