映画「9~9番目の奇妙な人形~(2009)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「9~9番目の奇妙な人形~(2009)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「9~9番目の奇妙な人形~」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

荒廃した街の研究室の片隅で、背中に数字の9と描かれた奇妙な人形が目を覚ます。彼の前に2の番号を持つ奇妙な人形が現れ、自分たちは仲間だと語り掛ける。

 

以下ネタバレOKの方はスクロールを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監督 シェーン・アッカー

 

製作 ティム・バートン 他

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目覚めた人形

 

人類が滅亡し荒廃した地上で、背中に番号の書かれた人形達は機械でできた“ビースト”と呼ばれる獣に怯えながら息をひそめていた。
9が科学者の部屋で目覚め外へ出ると2と出会うことに。しかし彼はビーストに連れ去られ、9の持っていた謎の部品もビーストに奪われてしまった。

 

5と一緒に2を助けるためにビーストの後を追うとそこには“マシーン”と呼ばれる、ビーストを生み出した機械が眠っていた。
9が謎の部品をはめ込んでしまったことでマシーンは目覚め、人形達はマシーンと戦うこととなった

 


科学者の真意

 

映画「9~9番目の奇妙な人形~」でマシーンを生み出した人間の科学者は、世界を良くするために機械を作ったのであり、軍事目的で使用するつもりはなかった。
しかし独裁者的な指導者のせいでロボットは戦争に利用され、さらに人間に牙を向けて毒ガスをまき人類を滅亡させてしまったのだ。

 

人類の滅亡を前に、科学者はマシーンに立ち向かうために自らの魂を分割し9つの人形に入れ込んだ
その人形たちこそ9達であり、彼らはマシーンに立ち向かうための科学者の最後の希望だったのだ。

 


「9~9番目の奇妙な人形~」ラストシーン・感想

 

マシーンに立ち向かう人形達であったが、彼らの魂は次々とマシーンの中に吸収されてしまう。
しかし1が身を挺して9を救ったおかげで部品を取り返すことができ、マシーンも倒すことに成功。
吸収された仲間達の魂は解放され、雨となって地上に降り注ぐのだった。

 


映画「9~9番目の奇妙な人形~」は、自分が作り出したマシーンに自分でけじめをつけた科学者の物語。世界観としては、人類滅亡後の世界ってことで割とありきたり。
話も王道であっさりしてるから“どっかで見たことあるような展開を詰め込んだ感じ”が否めない。新しさも特にない。

未来のために勇気を出して仲間とともに立ち向かうってテーマは、まぁ子供の情操教育のためには無難な作品って感じかな。

 

人類滅亡の原因も独裁者の暴走による自滅っていうよくあるパターン。あの独裁者はもろにヒトラーを基にしてるよね。
映画「9~9番目の奇妙な人形~」での独裁者は最初は人類同士の戦争、機械が反乱してからは機械との戦争、と事あるごとに敵を作って国民の士気を上げさせてるあたりがリアル。

 

1は9を認めていないと言いつつ最後の最後で助けちゃうのが少年漫画の王道パターンで、一番の見せ場をかっさらっていったよねw

 

マシーンに吸収された魂たちは、最後に解放されて復活するのかと思いきや昇天。
その後降る雨の中に彼らの魂が入ってるから、科学者の思いが雨となって世界中に降り注いだんだろう。
この「9~9番目の奇妙な人形~」のラスト、なんかラスボスが“世界中の全ての中に存在したい”とか言ってた漫画を思い出してしまった。

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・アニメ, 17:28
-, -