スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「ジュマンジ(1995)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ジュマンジ」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

記された事が現実となってしまう呪われたボードゲーム「ジュマンジ」。

百年前に封印された「ジュマンジ」を手に入れた少年アランは幼馴染のサリーとゲームを始めるが、ボードのメッセージ通りの事が起きた後、アランはどこかに消えてしまった。

それから二十六年後、売りに出されていた屋敷に移り住んできた幼い姉弟は屋根裏部屋で「ジュマンジ」を発見し……。

 

以下ネタバレOKの方はスクロールを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監督 ジョー・ジョンストン

 

出演 ロビン・ウィリアムズ

   ジョナサン・ハイド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謎のゲーム「ジュマンジ」

 

自動車事故で両親を亡くしたジュディー(キルスティン・ダンスト)とピーター(ブラッドリー・ピアース)は旧パリッシュ邸で暮らすことに。
この家は26年前に父親が息子をばらばらにして壁に埋め込んだとウワサされていた。

 

姉弟が屋根裏部屋で見つけたボードゲームを始めると、ゲームからは巨大な蚊やサルライオンなどの動物が現れる。
さらにピーターが5の目を出すと、26年前に行方不明になっていた少年アランが、大人になった姿で現れる。
アランは26年前に幼馴染のサラとゲームをプレイ中にジュマンジの中に閉じ込められてしまっていたのだと言う。

 

両親を捜すアラン(ロビン・ウィリアムズ)だが、二人はすでに死去。経営していた靴工場も倒産していた。
映画「ジュマンジ」の街中では動物達が暴れてパニックが起こり、アランは気乗りしないもののゲームを続けることに。

 


ハンター・ヴァン

 

大人になったサラを加えた四人でジュマンジを再開した四人だが、アランがサイコロを振るとゲームから現れたハンターのヴァン(ジョナサン・ハイド)が襲いかかってくる。
こいつはアランがジュマンジの中にいた間も執拗に彼を追いまわしていたらしく、ゲームから出てきても執拗に追いかけてくるのだ。

 

さらに本棚からは大量の動物達が飛び出し、ペリカンにゲームを盗まれたりピーターがサル化したりモンスーンに襲われつつゲームは終わりに近づく。
アランがサイコロを振るとついに上がりとなる。襲ってきたヴァンの目の前でジュマンジと叫ぶと、アランとサラは26年前の夜に戻っていた。

 


映画「ジュマンジ」ラストシーン・感想

 

子供のころに戻ったアランとサラ。全ては二人がゲームを始める前の世界に戻ったのだ。
父と仲直りしたアランはサラと一緒にゲームを川に流した。

 

それから26年後、従業員のカールがデザインしたスニーカーは大ヒットし、パリッシュ社も繁栄していた。
クリスマスパーティーに来たジュディーとピーターに、アラン達はクリスマスプレゼントを渡したのだった。

 


ファミリー向け映画の名の通り、子供が見ても大人が見ても楽しめる映画「ジュマンジ」。
この映画「ジュマンジ」は、子供のころはライオンやワニなんかの動物の出現なんかの派手な演出に心惹かれたものだけど、大人になってから見返すとアランと父親の関係に一番注目してしまう。

 

父親は愛情表現が下手くそで、そのせいで息子とすれ違う。寄宿舎に入れたいと言う父親に、家を追い出されると感じるアラン。
それでもアランがジュマンジに閉じ込められた後、周囲に疑われながらも私財を使い果たしてまで息子を探し続けた父親の愛情は間違いなく本物だよね。

 

アランが街に戻ってきてその愛情を理解した後の、「僕を抱きしめることもできなかったパパ」ってセリフは本当に切なくなる。
そして両親のいない姉弟とアランとサラによる擬似親子関係も、見てて微笑ましい。

 

昔は気付かなかったけど、見返してみると映画「ジュマンジ」で、アランを執拗に追い狙うハンターは父親と同じ役者が演じていたのだ。
これはアランの父親への恐怖心とか反発なんかが投影されて、父親の姿になったんだろう。

 

パリッシュ社の元従業員だったカールはパトカーに繋がれたり、ドアを引きずって歩いたり、愛車のパトカーを二つ折りにされたりと散々な目にあうコメディー要素担当。
途中からは抜群のリアクションを見せてくれる姉弟のオバさんも加わる展開に。この二人は巻き込まれてる感じが見てて面白いね。

 

ジュマンジをクリアした後はアランはサラと結婚し、姉弟の両親は事故に遭わなくなるしと完全なハッピーエンド

さらにアランが正直に話したおかげでカールが解雇されることなく、スニーカーも大ヒットしパリッシュ社も安泰なのだ。

 

2016年のクリスマスにジュマンジのリメイク作品が公開されるみたいで、ジュマンジ好きとしては絶対観に行きたいところ。
ちなみに映画「ザスーラ」がこのジュマンジの次作扱いだが、続編ではないのでキャラクターなどの繋がりはない。

 

正式な続編は→映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017)

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ファンタジー, 22:55
-, -