映画・ホラー | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

屋敷で起こる怪奇現象の真相とは 映画「アザーズ(2001)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「アザーズ(2001)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

第二次世界大戦末期のイギリス。グレースはとある島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと三人だけで暮らしていた。

夫は戦地に向かったまま戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。

そこへある日、使用人になりたいという三人の訪問者が現れる。グレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こり始める……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

監督 アレハンドロ・アメナーバル

 

出演 ニコール・キッドマン

   フィオヌラ・フラナガン

   クリストファー・エクルストン

   エレイン・キャシディ

   エリック・サイクス

   アラキーナ・マン

   ジェームズ・ベントレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「アザーズ」で古びてはいるものの豪華な屋敷に二人の子供と共に暮らしているグレース(ニコール・キッドマン)

グレースは紫外線アレルギーの子供たちのためにカーテンを閉め切り二人を教育していた。

 

この映画「アザーズ」では屋敷内で死者のアルバムとかいういかにも曰くつきのアルバムが見つかったり、やってきた三人の使用人たちが訳知り顔だったり、子供たちが同じ年頃の幽霊に遭遇したり、夜中に屋敷中にピアノの音色が響き渡ったりと怪現象が続々と起こる。

 

しかも映画「アザーズ」の屋敷の外は霧で包まれていて遠くへ行けなかったり、出兵していたはずの夫が帰ってきたものの様子がおかしかったり、何者かによって勝手に家中のカーテンが取り外されてしまったりと怪現象は度を増していって……。

 

そんなまぎれもない幽霊屋敷に住むグレースと子供たちだったが、実は幽霊だったのはグレースと子供たちの方だった!!ってのがこの映画「アザーズ」の最大のオチ。このオチはかの有名なあの映画と同じだね。

 

グレースは実は過去に子供たちを手にかけてしまった後、銃で自ら命を絶っていた。しかしその記憶をなくしたまま、子供たち二人と一緒に地縛霊として屋敷に住み着いていたって訳。

そして映画「アザーズ」で使用人としてやってきた三人も既に亡き人物たちで、グレース達が幽霊だと思っていた存在はこの屋敷の新住人(生者)だったって訳。映画「アザーズ」の中でアンの姿が老婆に見えたのも、老婆が降霊術をやってる最中だったから。

 

ただこの映画「アザーズ」で面白いのはそんなオチだけではなく、幽霊目線で見た人間の存在が人間目線で見た幽霊の存在と全く同じ描かれ方をしているって点。

幽霊側が経験したポルターガイストの状況とか憑りつかれる様子が、人間の行動によって起こっているものだというアイデアが斬新だったし、実は人間に怯えていた幽霊という立場の逆転も楽しめた映画「アザーズ」

 

そしてこの映画「アザーズ」でグレースが生前犯してしまった子供たちへの過ちから再生するかのように、二人をしっかりと抱きしめているラストシーンで終了する。

冒頭で死後は終わることのない地獄云々と娘アンに教えていたが、グレース達にとっても自分の死を自覚した生活をいつまでも続けるのはやはり地獄なのだろうか。

 

 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 10:37
-, -

子育てって大変…… 映画「イレイザーヘッド (1976)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「イレイザーヘッド」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

フィラデルフィアの工業地帯で働く印刷屋のヘンリーは、ガールフレンドのメアリーから妊娠したことを告げられる。

しかし生まれてきた赤子は恐ろしい姿で、異様な泣き声で二人を苦しめる。やがて生活に耐えられなくなったメアリーは家を飛び出してしまえ……。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 12:53
-, -

カルト的人気ホラー 映画「ホステル(2005)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ホステル(2005)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

女遊びが目的でスロバキアを訪れた三人の青年たち。

好色な美女が集まるというホステルに向かうも、そこに待ち受けていたのは……。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 12:59
-, -

ファイナル・デスティネーション最終作 映画「ファイナル・デッドブリッジ(2011)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ファイナル・デッドブリッジ」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

映画「ファイナル・デスティネーション」シリーズ第五弾!!

巨大つり橋の崩落事故を予知したサム。予知は現実となり橋が崩壊して上司や同僚たちが命を落としていくが、サムによって八人が難を逃れる。

しかし彼らは犠牲者の葬儀で出会った男から「死神は決してだまされない」と宣告され、死の恐怖におびえることに……。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 12:12
-, -

幼女の顔芸が炸裂!! 映画「ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜(2016)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

トリックを使った霊媒師の仕事をしているアリス。そのトリックにウィジャ・ボードを使い始めた事で次女のドリスに異変が起き始める。

アリスの家にまつわるおぞましい真実が明らかになった時、一家に本当の恐怖が訪れるのだった。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 22:31
-, -

願い事には犠牲がつきもの!? 映画「7 WISH/セブン・ウィッシュ(2017)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「7 WISH/セブン・ウィッシュ」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

クラスの人気者ダーシーにいじめられていたクレアは、父親から中国風の謎めいたオルゴールをプレゼントされる。

ある日ダーシーに絡まれ「ダーシーなんか腐ってしまえ」と願うと、次の日の朝には願い事の通りにダーシーの顔が腐り始める。一方で愛犬が謎の死を遂げてしまい……。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 20:33
-, -

ベジタリアンなゾンビが恋をする 映画「デイ・オブ・ザ・デッド(2008)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「デイ・オブ・ザ・デッド」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

正体不明の疾患が蔓延した町は、州兵部隊によって極秘裏に封鎖された。サラ・クロス伍長をリーダーとする調査チームは、病院内で爆発的に増殖したゾンビたちと遭遇する。

次々と発症しゾンビと化す人間たち。サラたちは襲撃をかいくぐり州外へと決死のサバイバルを試みる。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 22:57
-, -

ゴーストタウン“サイレントヒル”で起こった悲劇とは…… 映画「サイレントヒル(2006)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「サイレントヒル」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

「サイレントヒル……」と謎の言葉を発して悪夢にうなされる娘を救うため、ウェストバージニア州の街“サイレントヒル”を訪れた母親のローズ。

彼女は忌まわしい過去がある呪われたこの街で、想像を絶する恐怖に襲われる……。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 21:56
-, -

不穏な一家の驚愕の家業 映画「ゲット・アウト(2017)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「ゲット・アウト」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、週末に白人の恋人ローズの実家へ招待される。

若干の不安とは裏腹に過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 21:29
-, -

小綺麗なメイクのピエロには恐怖心半減 映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

田舎町デリーで児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、少年ビルの弟ジョージーが大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して行方不明になる。

自分を責めるビルの前に突如現れた“それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の“それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく“それ”に遭遇した友人とビルは手を組み、“それ”に立ち向かうが……。

 

続きを読む >>

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 22:12
-, -